【新装版】売れっ娘ホステスの育て方

著者 :
  • こう書房
4.67
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (260ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784769610441

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • すんごく読みやすいですし、すんごいわかりやすい本。スラスラ読めた。人と話す時の話し方、会話の仕方、内容、など、コミュニケーションの基礎がわかりやすく書いてある。人と人との会話を1つ1つ大切にしていこうと思ったし、コミュニケーションは改めて大事だと思った。私はママでもありませんし、夜の仕事はしていませんが、読んでよかったと、久々に思える本でした。この方の本をもう何冊か読んでみようと思います。

  • チェック項目10箇所。ホステスの仕事は、お客と議論して自分の主張を通すことではなく、お客を楽しませることです。お客はお酒を飲むと、冷静な判断ではなく、勘で、楽しそうなお店を選びます、結果的に、いい思い出のある、そこに行かないと味わえない楽しみを求めて、なじみの小さなお店に行くのです。商売とは、「お客の喜び」と「自社の利益」のバランスで成り立っています、ですから自社の利益をアップしようと思えば、いままで以上にお客のニーズを探り、より喜んでもらえる商品を考えるのが商売です、そうすれば自然に、または喜んでお金を使ってくれます。ホステスの仕事は、ライバルに勝つことではなく、お客に喜びを与えることです、そして給料はお客からむしりとるものではなく、お客の喜びの代価としてもらうものなのです、ホステスはという仕事は、人間関係のみで成り立っているといっても過言では「ありません、ホステスは、上司や同僚やお客に好かれれば、仕事ができる人と評価されます、なぜなら、それが仕事だからです。ときどき夢と現実の区別がつかなくなって、大借金をしたりストーカーになる人がいます、しかし、それはパチンコ屋や飲み屋が悪いのではなく、その人の性格が異常なのです、仮にパチンコ屋と飲み屋をこの世から無くしても、彼らは薬や性風俗店におぼれて、同じ道をたどるでしょう。不満の多い娘はもっといりません、お店やほかのホステスの悪口を言う娘は、お店の和を乱します、こういう娘はたいてい、自分の権利を主張するだけで、自分の義務を果たす努力をしません、ですから、いざというとき役に立ちません。

全2件中 1 - 2件を表示

【新装版】売れっ娘ホステスの育て方のその他の作品

難波義行の作品

ツイートする