色づかいで人を見抜く カラー読心術

著者 :
  • こう書房
2.75
  • (0)
  • (2)
  • (6)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 57
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784769610847

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 図書館で借りた本。最初に基本の13色の個別性格から解説。謝罪の時はグレーが良いとか、ピンクは恋愛色、水色は協調性など。服だけじゃなく小物の色なども性格が出るとか豆知識にはなったかな。

  • ビジネスや初対面のシーンで、活用できそうなネタ。ただ、あくまでその人を大雑把に捉えるだけなので、その人の一側面しか捉えてないことには注意する事。

  • 色遣いで人の内面にある気持ちを読み取れる!という本。
    身近なアニメ(ドラえもんのキャラクターの服の色など)にも現れているのがおもしろいと思った。
    その時の気分によって自分の色遣いが変わることもあるが、それは自分の内面の変化というのを知り、なるほどと思った。

  • とても読みやすくてサクサク読んでしまいました。
    カラータイプ別に接し方のアドバイスなどもあり面白かったです。
    また、持ち物など身につける色でも相手の深層心理などがわかるので、自分も意識的に色を取り入れていこうと思います。

  • 20130531
    基本13色をあげ、説明がされていて分かり易かった。
    随所に色のキーワードが出てきた。

全5件中 1 - 5件を表示

プロフィール

上智大学外国語学部卒。主な訳書にドナ・ウィリアムズ『自閉症だったわたしへ』、サン=テグジュペリ『星の王子さま』、サガン『悲しみよ こんにちは』(以上、新潮社)、セプルベダ『カモメに飛ぶことを教えた猫』(白水社)、パレントー『青い目の人形物語Ⅰ、Ⅱ』(岩崎書店)、絵本翻訳に『あなたをまつあいだに』『だいすきっていいたくて』(以上、ほるぷ出版)、グラフィック・ノベル『ジェーンとキツネとわたし』(西村書店)など。東京都在住。

色づかいで人を見抜く カラー読心術のその他の作品

河野万里子の作品

色づかいで人を見抜く カラー読心術を本棚に登録しているひと

ツイートする