頭のなかのモヤモヤが言葉になる話し方レッスン―話し上手な人がしている「ビジュアル話法」の使い方

著者 :
  • こう書房
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 32
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784769610922

作品紹介・あらすじ

「話がうまい人」とは、「ビジュアルを相手に伝えられる人」。なにを話したらいいの?どんな順番で話したらいいの?どうやって話したらいいの?そんな"モヤモヤ"を解消する「ビジュアル」トーク術。学校では教えてくれない「話し方」の基本。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  頭のなかの考えがモヤモヤして言葉にならないのはどうしてか、と振り返ってみると、やっぱり「段取り」がちゃんとできてないんだろうと思う。
     感情ばかりが先走って、いつどこで誰が何をどうやって、の「状況」を相手と共有するのが、うまくできない。状況をしっかり相手にも分かってもらうにはなるべく具体的に説明するしかないわけで、そもそも話す以前から、普段の観察力が問われているともいえそう。
     具体的なビジュアルが脳内でかたまっていれば、あとはそれを落ち着いて順番に説明して、相手のリアクションを捉えて「yes,and~」「I think~」で繋げていけばいい。話題について一方が門外漢の場合は、共有できるビジュアルを探るのだけどこれは…質問力が、問われる!

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

フリーアナウンサー

「2016年 『おとなの雑談力』 で使われていた紹介文から引用しています。」

梶原しげるの作品

ツイートする