禅的 生活ダイエット

著者 : 枡野俊明
  • こう書房 (2013年11月6日発売)
3.44
  • (5)
  • (9)
  • (17)
  • (2)
  • (1)
  • 115人登録
  • 12レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784769611110

作品紹介

物があふれ、情報が氾濫し、価値観が多様化している今、せめて自分自身は、「減らす生き方」をして、身も心も軽やかに、美しくなってはいかがでしょうか。よりシンプルに落ち着いて生活することで、人生は、グーンと楽になります。

禅的 生活ダイエットの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 仏教的なものよりも、生活に取り入れ易いようにやわらかく書いてあって読み易かったです。
    もう少しガッツリを期待してしまってたので、ちょっと物足りなく感じてしまいました。

  • 体のメタボはわかりやすいけど、心のメタボに気をつけないといけない。
    自分の中の仏性を信じて、毎日を大切に過ごすことの大切さを感じた。
    人生もシンプルイズベスト!!

  • 小さい目標。
    100日。
    引き算。
    坐禅。

    2015.9

  • ①気づきを得るには?
    ・足るを知る
    ・一流vs三流を比較できるようにする
    ・自分のなすべきことを考える
    ・SNSから距離を置く

    ②今を大切にするには?
    ・SNSから距離を置く
    ・玄関の靴をそろえる
    ・小さな目標を立てる
    ・必要な情報は自ら取りに行く
    ・人と比較しない

    ③体と心を整えるには?
    ・深呼吸は息を吐ききることがコツ
    ・瞑想
    ・就寝前30分が大切
    ・毎日、合掌する
    ・おかゆは十徳がある
    ・週に1回は野菜尽くしの料理

    ④掃除のやり方は?
    ・足るを知る(買い物前に深呼吸)
    ・そうじとは、心を磨くためのモノ
    ・玄関は住んでいる人の顔がでる
    ・部屋は心を映す鏡
    ・3年不使用品は捨てる

    ⑤減らす生活をするには?
    ・座禅
    ・座禅で頭の中が無になる
    ・ない場合は息を数えると雑念が消える
    ・自然の中でぼーっとしてみる
    ・パートナーは価値観が同じ人

    ⑥気づき
    ・良い縁を結ぼうと心がける
    ・結果が出なくてもプロセスを大切にする
    ・寺での小食の精進料理での修業は半月で栄養不足、脚気になるが、3カ月で体が慣れてくる
    ・習慣化のために100日

  • 禅とか禅宗の修行とかを非常に噛み砕いてシンプルな生活をすると心の負担が減ったり毎日が大事な日にするためにどんな心掛けをしているのかとかの本。

    お掃除大事。心の執着も掃除してしまいたい。
    と思えるようにわかりやすくってモチベーションが上がって良い。
    毎日少しずつ小さなことからこつこつとで良いってことがわかって何故か安心した。

  • シンプルライフも突き詰めていくとミニマリストにたどり着くのかなぁ…などと常々思っていました。
    禅宗の住職さんが書いた本。シンプルライフの著書が多いドミニック・ローホーさんも禅に傾倒してらしたかと記憶しているのですが、シンプルライフ&ミニマリストというライフスタイルと禅の共通点はやはり多いようですね。

    座禅や掃除、贅沢を省いた食、写経…などなど禅宗の僧が日々行う事柄に折に触れられてはいますが、量的にそれほど多くなく、押し付けがましくない文章です。
    なのでこれらを全部自分の生活に取り入れて…というのではなく、「ああ、こういうのもいいな、やってみようかな」という習慣のワンノブゼムとして個人的に受け取りました。

    どちらかと言うと行動よりも、禅的な考え方、ものの見方などに
    「なるほど」
    と思ってしまう部分がかなりありました。

    現代のインターネット、SNSに関する部分にはかなり共感です。利便性と多様性、膨大な情報量が、かえって自分の時間や感情を食いつぶしている面もあるなぁと。

    ついつい自分の薄い興味のまま、検索をかけたりWebのはしごをしたりしていたワタシですが、これを読んでから、RSSリーダーを少し整理しようかな、とかまとめサイトはそれほど見なくてもいいかな、などと思うようになりました。

    確かに人間って生まれるときも死ぬときもカラダ一つですものね。
    シャットアウトするのではなく半眼で、自分に必要のない事に関しては受け流して、というやり方は確かにストレスがなさそうです(笑)

    ネットは確かに速いし膨大で、確かに水鏡を覗いて万物を知る神様みたいな万能感に、ときに陥りやすいですが、リアルな自分の目前のことをコツコツと集中してやる、という事をともすれば忘れがちだったなぁと反省させられる一冊でした。

  • 禅の考え方をもとに生活のあり方を見直すもの。
    一流を知るためにお茶を高級ホテルのラウンジで。
    楽をしてもやったぞという達成感を感じられることが大切。
    ぬいだ靴をそろえる。脚下照顧。玄関先で心を今この時に戻す行為。
    小さな目標からたてる。
    呼吸を整える。
    自然の中でほゎーっとすることがご褒美。

  • 女性に向けて書かれたようですが男性にも示唆に富んでいます。日日是好日!!生活をダイエットしシンプルライフを心がけたいものです。

  • ・ 「今の自分にとって、本当に大事なものは何か」を見極めて生きることが大事。
    ・ 足るを知る。すべてを手に入れようとするのではなく、「自分はこれだけあれば足りている。ありがたい」
    ・ 今、この瞬間を生き切ることが大切。未来への期待や不安も、なかなか頭から離れないかもしれません。しかし、いくら素晴らしい未来を思い描いても、今という時間を精一杯生きない限り、そのときはいつまでたってもやってこないのです。
    ・ 玄関の靴をきちんと揃える。
    ・ 今、行っていることに対して、無心になる。他のことなど考える余地もないほど、その行動とひとつになる。そのような状態になったとき、気持ちは朝凪のように落ち着き、心は鏡のように澄みきる。
    ・ 目標は小さく立てる。それを100日続ける。
    ・ 心を動かさず、自分に与えられた生き方をまっとうする。
    ・ 身が整えば息が整い、息が整えば心が整う。
    ・ 手を合わせる。毎日手を合わせていると、自分の心や行動に「何か違うな」ということがあれば、すぐに見つけることができます。
    ・ 野菜中心の日を週に二度、三度と増やしていけば、心が穏やかになり、体にも負担がかからなくなる。
    ・ ガイドブックを持たずに自分の足で町を歩きまわり、そのときにしかない出会いを堪能する。たまにはそんな旅をしてもいいのではないでしょうか。
    ・ 掃除をする。掃除とは自分の心を磨くためのもの。掃除をした後の心地よさを知れば、実は掃除は「やってあげている」ものではなく、「させてもらっている」ものだと気付くでしょう。
    ・ 「全体の大きさはこれぐらいですが、今やらなければならないのはこれだな」と考える。そして、とにかくその小さな仕事に集中していく。
    ・ 朝のトイレ掃除を習慣にする。玄関も整える。
    ・ 朝一番に窓を開け放ち、新鮮な空気を部屋に入れる。そして5分でもいいから掃除をする。
    ・ 早起きをする。座禅を組む。手を合わせる。散歩をする。掃除をする。

  • まずは呼吸、そして掃除。当たり前のことを小さく区切ってすぐにとりかかる。足るを知る。

全12件中 1 - 10件を表示

枡野俊明の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
小池 龍之介
小池 龍之介
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

禅的 生活ダイエットを本棚に登録しているひと

ツイートする