不遇の提督堀悌吉―山本五十六、井上成美が尊敬した海軍の逸材の生涯

著者 : 宮野澄
  • 光人社 (1990年11月1日発売)
4.50
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :12
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (313ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784769805359

不遇の提督堀悌吉―山本五十六、井上成美が尊敬した海軍の逸材の生涯の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • NHKの太平洋戦争ドキュメントを切欠に、山本五十六は戦争反対だったという事を知って驚いた。そしてその中で、堀悌吉という人物の大きさ・時代を読む先見性に興味をもって探した中で見つけたのがこの本。
    秀逸です。

  • 北一輝 世の中の大きな動きは、理屈以上の別の力によって動く
    巡洋艦1席と掘の才能とどちらが大切なんだ
    幣原喜重郎を会長とする敗因研究会が生まれた

    週刊朝日昭和29年4月18日号で五十六の愛人が暴露
    沼津八幡町の料亭せせらぎの女将 河合千代子

  • 二十数年生きてきて、このような方が存在していたとは……知らなかったことが恥ずかしい。

  • 山本五十六の親友にして海軍稀代の天才と呼ばれた堀悌吉。彼の人生はやはり不遇といって間違いありませんでした。ありがとうございました。

全4件中 1 - 4件を表示

宮野澄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

不遇の提督堀悌吉―山本五十六、井上成美が尊敬した海軍の逸材の生涯はこんな本です

不遇の提督堀悌吉―山本五十六、井上成美が尊敬した海軍の逸材の生涯を本棚に登録しているひと

ツイートする