史論 児玉源太郎―明治日本を背負った男

著者 : 中村謙司
  • 光人社 (2009年11月1日発売)
3.33
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • 13人登録
  • 1レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (213ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784769814542

史論 児玉源太郎―明治日本を背負った男の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 児玉源太郎のことそのものよりも、台湾統治の状況、日清戦争から日露戦争に至るまでの、日本の政治・外交の苦悩、苦渋の選択による日露開戦を勉強するのにとてもまとまった書籍かと思います。児玉源太郎そのものにかんしては、どうでしょうか、「坂の上の雲」を意識して書かれているのかな? というような気がしてなりません。 たしかに、そのリーダーとしての資質が若くして失われたことは、そのあとの陸軍に多大なる影響があったことはよくわかりました。 公私をはさまないその姿勢、そしてグローバルな視点、いまのリーダーに一番必要なものをうったえていると思います。 児玉源太郎に関してますます知りたくなりますね。

全1件中 1 - 1件を表示

史論 児玉源太郎―明治日本を背負った男のその他の作品

中村謙司の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

史論 児玉源太郎―明治日本を背負った男はこんな本です

ツイートする