戦闘機と空中戦(ドッグファイト)の100年史―WW1から近未来まで ファイター・クロニクル

著者 :
  • 潮書房光人社
4.00
  • (2)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :22
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (431ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784769816287

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 日本語がちょっと変なのと、専門用語の壁を乗り越えられれば。
    P275 F-14退役:艦隊防空はイージス艦の発達により、オーバースペック=予算超過という見方もあるかと。ある意味、戦闘機不要論に近いような。フェニックスミサイルに戦果なしだと思っていたら、イランで活躍していたのね。
    P324 タイフーンは、ホーカータイフーン(プロペラ機)がかつての敵機だった関係で、ドイツはタイフーンの名称は使っていないというのは、デマですか?

  • WW1からWW2にかけての技術史っぽい所は読み応えあり。ゼロ戦の弱点については、防弾性能の脆弱さより、共有認識の弱さ(通じない無線機)の方を重視するに納得。その後、共有認識は現代の軍内ネットワークに進化するいう解説も一貫性がある。

全2件中 1 - 2件を表示

関賢太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三谷 宏治
ウォルター・アイ...
リンダ グラット...
エリック・ブリニ...
リチャード・セイ...
スティーヴン・D...
スティーヴン ワ...
有効な右矢印 無効な右矢印

戦闘機と空中戦(ドッグファイト)の100年史―WW1から近未来まで ファイター・クロニクルはこんな本です

ツイートする