弓兵団インパール戦記―撤退の捨て石、1対15の戦い (光人社NF文庫)

  • 21人登録
  • 3.40評価
    • (0)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 井坂源嗣
  • 光人社 (2008年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (425ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784769821250

弓兵団インパール戦記―撤退の捨て石、1対15の戦い (光人社NF文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 補給路を絶たれ、増援も来ず、圧倒的な敵の戦力の前にむざむざ死を量産し続けた悪名高きインパール作戦。ビルマの地を生き抜き、多くの戦友の死を目の当たりにしてきた復員兵の戦後40年後にかかれた実録記。

    うちのじいちゃんもインパール作戦参加して生還した人だ。マラリアにかかっても、爆弾の破片を腹に抱えても帰ってきた人だ。じいちゃんが死んだときに、所属の隊300人のうち生還した2人の1人だと知った。水戸で徴兵されたから弓兵団に所属していたはず。戦争のことはもっと聞いておくべきだった。

  • じいちゃんの語り口に似てたから買ってみた、面白かったとです。
    ドイツ軍もウクライナだとか白ロシアで建前だけでも解放軍にして、戦闘終了まででも住民ある程度優遇してれば結果も変わったかもしれないのになぁ、、、と思わざるを得ない。
    著者は忘れちゃいましたが、前に同じインパール作戦に従軍した兵兵団の人の話を光人NFで読んだんですが、それも面白かったです。
    両者共インパール作戦とか日本軍の将官なんかの知識が無くても読めますよ、お薦め。(勿論ちょっとでも知識があったらそのほうが楽しいんだろうけど)

全2件中 1 - 2件を表示

井坂源嗣の作品

弓兵団インパール戦記―撤退の捨て石、1対15の戦い (光人社NF文庫)はこんな本です

ツイートする