父と私の二・二六事件―昭和史最大のクーデターの真相 (光人社NF文庫)

著者 :
  • 光人社
4.50
  • (3)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (361ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784769821861

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 岡田啓介首相の子息、
    岡田貞寛が書いた、二二六事件。
    迫力があった。

    それにしても、つくづく思うのは、
    二二六で標的となった、
    岡田啓介と鈴木貫太郎が、九死に一生を得て、
    そのことが日本を救ったことことである。

    鈴木貫太郎は終戦時の首相、岡田啓介は当時重臣として、それぞれ終戦への道を主導した。

    昭和二十年三月、岡田貞寛は、海軍主計将校として、フィリピンのセブ島で米軍と対峙しているとき、鈴木貫太郎の首相就任を知ったそうである。それを知って、終戦を直感したとのこと。

    この本を読んで、松本清張の二二六を読んでみようと思った。

  • 青年将校に襲撃されて九死に一生を得た岡田啓介首相の次男が、当時の自分自身の体験や周囲の人の回顧談を集めて書いた本。自身が海軍に在籍していたという点もあってやや海軍身贔屓の感がなきにしもあらずだけれど、多くの資料にあたって公正に書こうと努めているのが窺われ、読みやすい文章もあって好感を持てる本。青年将校や被害者の略歴はあるものの、関係者の名前が大量に出てくるため、基礎知識のまったくない人にはきついかもしれないが、ある程度この時代に知識がある人なら面白く読めると思う。私が読んだニ・ニ六事件関連の本の中でもお奨め。著者が編纂した『岡田啓介回顧録』も面白かった。

全3件中 1 - 3件を表示

岡田貞寛の作品

父と私の二・二六事件―昭和史最大のクーデターの真相 (光人社NF文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする