小艦艇入門―海軍を支えた小艦徹底研究 (光人社NF文庫)

著者 :
  • 光人社
3.30
  • (1)
  • (2)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 34
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (349ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784769822547

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 4769822545 349p 1999・12・14 ?

  • 海上戦争は、戦艦や空母、駆逐艦や潜水艦といった主力艦だけでできるものではありません。
    この本は、基地・沿岸防衛や船団護衛、物資や燃料の輸送などといった補助艦艇……いわば"裏方"にあたる艦艇に焦点を当てた本です。
    こうした船を、著者は便宜的に「小艦艇」とよびます。

    目次は以下の通りです。また、艦種の説明は私が付しました。
    第1章 敷設艦及び敷設艇……機雷を敷設する艦艇
    第2章 砲艦・機動砲艦……最小限の大砲?を装備した艦艇
    第3章 駆潜艇・海防艦……潜水艦を駆逐する艦艇・船団護衛や警備等のための艦艇
    第4章 掃海艇・水雷艇・魚雷艇・哨戒艇・哨戒特務艇……順に、機雷除去のための艦艇、モーターボート(魚雷艇)でない魚雷攻撃のための艦艇で実質はミニ駆逐艦、哨戒艇は日本の場合には老朽駆逐艦改造の小型揚陸艦、哨戒特務艇は漁船型の海上監視のための艦艇
    第5章 輸送艦・特務艦……強行輸送のための重武装輸送艦や浜辺に上陸するLSTと同様の輸送船、。特務艦とは、一種の"雑用係り"といえるもので、軍用タンカーである給油艦、浮かぶ工場といえる工作艦など。
    エピローグ 雑役船……曳船、艦艇に装備される内火艇、動力付きはしけといえる大発(発動機船・大)など


    大まかな船種の説明だけでもスペースを割いてしまいましたが、こういったあまり知られない補助艦艇を一通り紹介しています。
    主力艦とは一味も二味も違った海上戦争の側面や活躍が伺えます。

    類書としては、艦艇学入門(光人社NF文庫)、帝国の艦船・帝国陸海軍補助艦艇(ともに絶版)などがあります。

全2件中 1 - 2件を表示

木俣滋郎の作品

小艦艇入門―海軍を支えた小艦徹底研究 (光人社NF文庫)に関連するまとめ

ツイートする