ペリリュー島玉砕戦―南海の小島七十日の血戦 (光人社NF文庫)

著者 : 舩坂弘
  • 光人社 (2010年11月1日発売)
3.82
  • (2)
  • (5)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :52
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (275ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784769822882

ペリリュー島玉砕戦―南海の小島七十日の血戦 (光人社NF文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2010年(底本昭和59年)刊。硫黄島の戦いに先立ち、洞窟戦にて米軍を2ケ月余り釘付けにした戦い、本書に描かれるペリリュー島攻略戦がそれ。珊瑚そのものである島の特性を利用した洞窟戦・長期持久戦が米軍相手に有効であったことは否定できない(が、人命軽視や余りに過酷な戦術ではある)。ただ、回想録ではないこの種の書籍にありがちだが、引用・証言者・参考文献が判然とせず、過剰な修飾語句とも相俟って発言・事実経過の信憑性は、割り引く必要がある。自決・特攻の過剰賛美も、真に迫っているのかは疑問なしとしない。
    その中で、パラオ本島からペリリュー島に逆上陸を果たし、生存した2人の回想は、情報源がはっきりし、一定の価値がある(もっとも、クロスリファレンス不可能なので、正確性は担保できないが)。その超人的な道行には驚嘆するしかない(さらにいえば、余りに凄すぎて後世の参考にならないほど)。また、人間が泳いで、機雷を米軍上陸用舟艇まで運搬し、爆発させる作戦(人間機雷)は、うーん、といわざるを得ない。

  • 筆者はペリリュー本島ではなくその近くのアンガウル島で奮闘した方です。現代からするとやや大げさな表現や聞きなれない言葉が出てきますが当時の戦況が良く判る一冊だと思います。

  • 最強の帝国陸軍軍人である舩坂弘の戦いを見てほしい。
    *図書館の所蔵状況はこちらから確認できます*
    http://opac.lib.kitami-it.ac.jp/webopac/catdbl.do?pkey=BB50100653&initFlg=_RESULT_SET_NOTBIB

  • 9784769822882  275p 2010・12・24 新装版

  • 水際ではなく塹壕戦。硫黄島の戦いに影響を与えたとする戦い。
    あとがきの遺骨発掘に涙なしには読めないぐらいに感動。

全5件中 1 - 5件を表示

舩坂弘の作品

ペリリュー島玉砕戦―南海の小島七十日の血戦 (光人社NF文庫)はこんな本です

ペリリュー島玉砕戦―南海の小島七十日の血戦 (光人社NF文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする