大海軍を想う―その興亡と遺産 (光人社NF文庫)

著者 :
  • 光人社
4.14
  • (3)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (542ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784769823438

作品紹介・あらすじ

敗戦の焼土と復興の槌音の中に大いなる感動を走らせた『連合艦隊の最後』に続く白眉の伊藤戦史。日本海軍に日本民族の誇りを見る著者がその興隆に感銘を憶え、滅びの後に汲みとられた貴重なる遺産を後世に伝える不朽の名著。鎮魂の思いと共に"大いに興るもの"への憧憬と清冽な精神の在り方を啓蒙する感動の代表作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 明治から太平洋戦争終焉までを綴る。それにしても、この貧しい小さな島国がよくここまで!

  • 帝国海軍を知るには最適な一冊です。日清・日露・軍縮会議など帝国海軍で起きた事件、問題などを分かりやすく書いてあります。帝国海軍の誕生から滅亡までの物語です。太平洋戦争については「連合艦隊の最後」「連合艦隊の栄光」に詳しくあります。こちらもお薦めです。

全2件中 1 - 2件を表示

伊藤正徳の作品

ツイートする