どの民族が戦争に強いのか?―戦争・兵器・民族の徹底解剖 (光人社NF文庫)

著者 :
  • 光人社
3.10
  • (0)
  • (1)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 26
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (340ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784769824893

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2chのスレタイみたいな表題だが、切り口がユニークなだけでセンセーショナルなものではない。
    どの民族も国も存亡の危機となれば強い力を発揮するということ。あえていえば、生真面目で工業力がある国が優勢か。しかしそれとて絶対的な条件ではない。
    我が日本もトップレベルの兵器や練度を誇るが大丈夫か。法律や規則で動けないということはないか。そんなことを考えさせられた。

  • こういった切り口での本は珍しいのでオススメします。

  • 軍事を知らずして、国防は語れない。ましてや先の大戦についてよく知っておいて教訓にしてこそ、平和というものを初めて考える事ができる。軍事なくして平和はないのです。世界中の国々の軍事についてよく調べている本ですね。しかし、戦時中の日本軍は強かった!それは間違いないようです。

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

作家

どの民族が戦争に強いのか?―戦争・兵器・民族の徹底解剖 (光人社NF文庫)のその他の作品

三野正洋の作品

ツイートする