通信隊戦記―最前線の指揮統帥の道を造る (光人社NF文庫)

著者 :
  • 光人社
3.75
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (298ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784769825272

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 9784769825272 298p 2007・4・15

  • 筆者は第11軍通信隊野戦電信第9中隊-秘匿名、呂第5559部隊-に見習士官として配属され主に中国大陸の中支方面で軍通信任務に携わります。

    一口に「通信」と言っても有線もあり無線もあり、また通信は軍隊における指揮系統の根幹であり、作戦行動中であろうと作戦間の駐留中であろうとも変わることなく常に確保しなければならない重要な戦力であった訳で。
    戦いつつ行動する軍隊がどのように指揮下部隊との意思疎通を図ったのかを最前線で通信に従事した将校が戦場での通信隊の任務、命令伝達の実態を分かりやすく綴る本。

    通信部隊の編成から実際の架線作業まで事細かに書かれており、軍や師団の編成もきちんと書かれているので資料としての価値は高いと思われます。

    個人的には敗戦→武装解除→復員待機の辺りが一番面白かったり。

全2件中 1 - 2件を表示

通信隊戦記―最前線の指揮統帥の道を造る (光人社NF文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする