栗田艦隊退却す 戦艦「大和」暗号士の見たレイテ海戦 (光人社NF文庫)

著者 :
  • 潮書房光人社
3.50
  • (1)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (335ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784769826170

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 大和暗号士で予備学生出身の士官、小島清文少尉の本です。

    大学を卒業した人たちは予備学生と呼ばれ、
    海軍に志願すると准士官の上で少尉の下という高い位を貰い、
    訓練終了後に海軍士官たる少尉に任官出来ることになっておりました。

    しかし、海軍兵学校出身のエリート士官たちにとっては煙たい存在らしく、彼等を「ニセ士官」と呼び、関係は険悪なものだったそうです。
    海軍兵学校出身の士官に理不尽な報復をされた予備士官の話も載っておりました。

    さて、この本には小島さんと同じ艦に乗り組んでいた兵学校出の士官の都竹中尉が何回か登場しますが、彼は暗号室にいた小島さんに向かって栗田長官はだらしない!と反感を撒き散らしていたということです。
    しかし、都竹中尉は小島さんの本はすべて嘘デタラメだと批判しました。

    ところで同じ大和にその頃勤務していた深井副砲長は、大和通信士が例のヤキ1カの電文を作ったと仰っておりましたがこれは、小島さんの推理「ヤキ1カの電文は嘘デッチアゲ」というところと合致するのはないでしょうか?ですから私は小島さんの本は都竹さんの仰る「すべて嘘デタラメ」ではないとおもっております。

    本とは関係ない感想が混ざってしまいましたが、それにしてもこの通信士。。。どうしてこのような嘘の電文を作る気になったのか動機が知りたいですね。

  • 9784769826170  334p 2009・9・22 ?

全2件中 1 - 2件を表示

小島清文の作品

ツイートする