日本が戦ってくれて感謝しています アジアが賞賛する日本とあの戦争 (産経NF文庫)

著者 :
  • 潮書房光人新社
4.00
  • (2)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 33
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784769870012

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 戦争の目的や解釈のなかで、日本の軍人がどれだけ素晴らしかったか、それをアジアの人々が当時どれだけ尊敬し今も感謝を続けているか、現地を訪ね拾った著者にとっての真実が並べられています。
    そのひとつひとつはおそらく小さくはない史実であり、いくつかに涙が出るほど感動もしたし、日本人として誇らしい部分ではあろうけれど、そうではない、残酷で醜い、おどろおどろしい史実もそれ以上にあったのが戦争ではないかと考えてしまいます。同著者の『日本が戦ってくれて感謝しています』も内容は大きく重複しているので、読むのは一冊でよいかな、というのが個人の感想でした。

  •  アジアの中での日本軍は戦争の中で何を残してきたのかを自虐史観を否定する立場から書き記した良書。

     自虐史観にどっぷりつかっていた世代である私にとって、このような文章を読むことは本当に意味のあることだと改めて感じました。

     戦争には光と闇があるという言葉がある通り、これまでは闇の部分を誇張して平和の尊さを訴えてきたということもあり、この作品では日本の光の部分に焦点を当てることで、今の日本の平和があるということを伝えていると思います。

     戦後73年目の終戦記念日を昨日迎え、情報がたくさんあふれるこの時代に正しいことを見つけて学んでいくことの大切さを強く感じる思いです。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

ジャーナリスト

「2018年 『本当は戦争で感謝された日本』 で使われていた紹介文から引用しています。」

井上和彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
百田 尚樹
デールカーネギ...
百田尚樹
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×