哲学と現実世界―カール・ポパー入門

制作 : Bryan Magee  立花 希一 
  • 恒星社厚生閣
3.00
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 20
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (166ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784769909330

作品紹介・あらすじ

本書は、カール・ポパーの思想について、初学者をも念頭に入れて、その社会哲学と科学哲学の全体像をわかりやすく、丁寧にしかも魅力的に語っている。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • これ、一般向けのポパー入門で実は名著よねえ。マギー先生はえらかったのだ。一般向けの入門書を書く人なので低く見られがちだけど偉い!

  • メモ:“有益な議論を為し得るためには事前にその言葉を定義しなければならないという考え方は,明らかに間違っているとポパーは言う.というのは言葉を定義するときはいつもその定義に新たな言葉を導入しなければならず (さもないと循環定義に陥る) 次にはその新たな言葉の定義が必要になるからである.従って,いつまで経っても この必要な事前作業 (有益な議論をするための言葉の定義) を完了する事が出来ず,我々は決して議論を始める事が出来ない.”

  • 2009/
    2009/

    カール・ポパーは団藤さんと仲のよかった方です。

全3件中 1 - 3件を表示

哲学と現実世界―カール・ポパー入門のその他の作品

Philosophy and the Real World: An Introduction to Karl Popper ペーパーバック Philosophy and the Real World: An Introduction to Karl Popper ブライアン・マギー

ブライアン・マギーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
安部 公房
シーナ・アイエン...
ダニエル・C・デ...
ミシェル・フーコ...
リチャード・ドー...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする