オゴノリの利用と展望 (水産学シリーズ (129))

制作 : 寺田竜太  大野正夫  能登谷正浩 
  • 恒星社厚生閣
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 1
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (118ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784769909552

作品紹介・あらすじ

日本大学生物資源科学部で開催された平成13年度日本水産学会において「オゴノリの研究の現状と新資源としての展望」と題したシンポジウムを企画した。内容は、オゴノリ目藻類の生物学、有用藻類としての利用の現状と課題、新たな利用の可能性と課題で構成され、種の分類や生理、繁殖特性などの基礎的知見を総括するとともに、日本および海外におけるオゴノリ採取・増養殖の現状を紹介し、さらに生理活性物質など含有成分に注目した新たな医薬品や餌料としての利用への展望、栄養塩吸収能力に注目した環境浄化システムへの利用などを総合的に討議した。本書は、そこで講演された内容を基にとりまとめたものである。

オゴノリの利用と展望 (水産学シリーズ (129))を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする
×