ふしぎの国のアリス ― Alice's adventures in Wonderland 【講談社英語文庫】

  • 講談社インターナショナル
3.79
  • (12)
  • (3)
  • (19)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 150
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784770022233

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 説明「アマゾン引用」
    TOEICレベル 400点以上 いつもにように、アリスは川岸で、お姉さんのそばに座っています。でも、することがなんにもなくて、すっかりたいくつしていました。暑い日で、アリスは眠くてぼうっとしてきました。ちょうどそのとき、ピンク色の目をした白ウサギが、そばを駆け抜けていきました。なんということでしょう、そのウサギは「たいへんだ。遅刻だぞ」と、ひとりごとを言い、チョッキから取り出した時計を見て、急いで ...

  • 大学時代に一回呼んで、自分の英語力がどれだけ変わったか
    技量試しにもう一周

    前回読んだ時よりも、文章も理解できたけれど相変わらず単語で躓く
    NOTEはついているものの、単語単位ではなかなか載せてくれてなかったりするから思わず電子辞書欲しいとか思っちゃう辺り、なんか負けた気分orz

    ついついキャラクター化されて可愛らしい印象を持ちがちだけど、
    原作読むと結構エグいところが流石ブラックジョークの国

  •  英語の勉強用にBUY。案の定、先に日本語版で内容把握してからの英語版特攻余裕でした^q^
     ただし相変わらず言葉の使われ方が独特(のように思えた)なので、逐一正確に訳したりせず雰囲気で読み進めるのが良いのではないかと。長さもほどほどですし、英語勉強のきっかけとして丁度良いのではないでしょうか。個人的にはおすすめです。

  • これぞ、ファンタジーの原典。英語の言葉遊びにも翻弄されて、だんだんと夢の世界に誘われていく。ファンタジー好きはもちろん、英語という言葉が好きな人にぜひ読んでほしい。巻末に語句の意味や言葉遊びが書かれて非常に親切なおすすめの一冊です。25425語。

  • 2010/12/3

  • テニエルの挿画のもの(子どもの頃の本)がどこかに行ってしまったので、いっそのこと英語版を、とこの文庫を。巻末にちょっとしたNOTEのついているのがありがたい。

  • 大人になって初めてちゃんと読みました。なるほど、こんなお話だったのね。
    英語の内容は理解できるけど、ルイス・キャロルの言葉遊びまで理解するには、まだまだ英語力が足りないみたいです。
    あと1年くらいしたら、もう一回読んでみよう。また違った感想があるかも。

  • 小学生時代の英語名がAliceだったせいか、昔からなんか好きです。
    でも、所々残酷だったり怖かったりね。

  • 学生時代、英語の勉強のため何度も読みました。簡易な英語で書かれているので英語初級者におすすめです。

  • 全ての人生の始まりは暗い穴に落っこちたこと

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1832年、イギリスのチェシャ州に生まれる。オックスフォード大学を卒業、同大学の数学および論理学の教授に。独特のユーモア感覚と幻想的イメージに溢れた童話『不思議の国のアリス』『鏡の国のアリス』は、イギリスはもちろん、世界中で支持されている。

「2017年 『わがままアリスとおくびょうな白ウサギ 不思議の国のアリス 鏡の国のアリス』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ふしぎの国のアリス ― Alice's adventures in Wonderland 【講談社英語文庫】のその他の作品

ルイス・キャロルの作品

ふしぎの国のアリス ― Alice's adventures in Wonderland 【講談社英語文庫】を本棚に登録しているひと

ツイートする