鏡の国のアリス―Through the looking‐glass 【講談社英語文庫】

  • 講談社インターナショナル
3.35
  • (3)
  • (1)
  • (12)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 66
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (201ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784770022585

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • メディアブックで鏡の国のアリスーThrough the looking-glass (講談社英語文庫) 原作者ルイス・キャロルの作品です。

  • これは、鏡の国のアリスの英語版です。

    英語の言葉遊びを使って書かれている作品です。

  •  最近日本語版を読み終えたので、ある程度内容を把握しながら英語版を読んでみました。基本的にトリッキーな展開の繰り返しで、受験英語の感性というよりは想像力に重きを置いた読み方で読み進めた方がよいかもしれません(自分は英語が苦手なので説得力は皆無ですがー)。素でスラスラ読めてしまう人が羨ましいです( ´д`)
     とりあえず自分と同じく英語が駄目な人は、日本語版を読んだ後にこちらの英語版を読んだら良いかと思います。少しだけ『英語の本を読めている』感が味わえますw

  • 不思議が多過ぎて当初は読みづらく感じた。しかし、鏡の中の逆さま感覚にもやがては慣れた。チェスボード上の旅は波乱万丈。どんどん読み進んだ。ヘレン・オクセンバリー女史の挿絵展にて思わず購入。安曇野絵本美術館にて。

  • 講談社英語文庫の『鏡の国のアリス』、前掲の『不思議の国の…』と同じ理由で。いずれも「TOEICレベル400点〜」となってますが、はてさて。「ウミガメモドキのスープ」なんてTOEICのテストには出てこないと思うけど。

  • 白と黒のチェスボードの上で人生をチェックメイト

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

原作者。
1832年-1898年。本名はチャールズ・ラドウィッジ・ドジソン。
イギリスのオックスフォード大学クライスト・チャーチ学寮の数学講師であったが、
ペンネーム、ルイス・キャロルの名で『不思議の国のアリス』を執筆、出版。
『不思議の国のアリス』は現在に至るまで世界各国語に翻訳され愛され続けている。

「2019年 『不思議の国のアリス 型ぬきワンダーブック』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ルイス・キャロルの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
サン=テグジュペ...
三島由紀夫
ミヒャエル・エン...
ヘミングウェイ
ルイス・キャロル
有効な右矢印 無効な右矢印

鏡の国のアリス―Through the looking‐glass 【講談社英語文庫】を本棚に登録しているひと

ツイートする
×