アルケミスト - The Alchemist 【講談社英語文庫】

  • 講談社
3.95
  • (44)
  • (31)
  • (41)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 444
レビュー : 37
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784770040190

作品紹介・あらすじ

アンダルシアで羊飼いをしていた少年サンチャゴは同じ夢を二度も見た。一人の子供にエジプトのピラミッドまで連れて行かれ、そこに宝物が隠されていると告げられる夢を。少年は羊を売り、彼を待つ宝物が眠るピラミッドを目指して、旅に出る。夢をあきらめずに生きていくことの大切さを伝えて、世界中の人々に、勇気と感動を与えてきた名著。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 少し星の王子様みたいな小説かな
    表現の裏の意味合いの理解をしたようなないような...
    一回読んだだけじゃ頭に入らないなって思った

  • when I have been truly searching for my treasure,everyday has been luminous, because i have known that every hour was a part of the dream that would find it.

  • 最後まで読めなかった…

  • あるきっかけで、とある石油王にいただいた。
    夢を歩みはじめた方、夢敗れたと感じている方、このまま閉じて行くのを淋しいと感じる方、
    読んでください

  • 鋼の錬金術師はここからインスパイアされた部分もあるのかな。なかなか難しい文章でした。

  • 少し古い時代によくあった少年が神秘の世界で成長する話。
    雰囲気のある、エキゾチックな感じ。

  • 自己啓発の類なのかな?
    おとぎ話みたいな感じ。
    全てのことには意味がある。
    諦めなければ夢は叶う。
    的なことかな?

    ストーリー
    レベル TOEIC 470点~
    アンダルシアで羊飼いをしていた少年サンチャゴは同じ夢を二度も見た。一人の子供にエジプトのピラミッドまで連れて行かれ、そこに宝物が隠されていると告 げられる夢を。少年は羊を売り、彼を待つ宝物が眠るピラミッドを目指して、旅に出る。夢をあきらめずに生きていくことの大切さを伝えて、世界中の人々に、 勇気と感動を与えてきた名著。

  • たつにい

  • 「傷つくのを恐れることは、
    実際に傷つくよりもつらいものだ」

    高みを目指すとき、
    自信のなさや不安で、
    ついつい色んな言い訳をつけて、
    やめてしまうことが多い。
    やらなかった後悔より、
    やって後悔するほうがまし、
    そうよく言うように、
    素直な心の声を聞いて、
    日々努力したいなと
    希望と勇気をもらえた一冊。

  • 一郎さんオススメ図書だったので読んでみた。
    哲学的な、童話のような内容。
    夢を追いかけて諦めず努力する人には神が導きを与えるだろう、ってことなのかな。

全37件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1947年ブラジル、リオデジャネイロ生まれ。現代において最も影響力のある作家の一人。ブラジル文学アカデミー会員。著作の多くが世界的ベストセラーとなり、81か国語に翻訳され、これまで170以上の国々で2億部以上を売り上げた。フランスのレジオンドヌール勲章を受章。ほかにもさまざまな国際的な賞を受賞している。2007年には国連ピース・メッセンジャーに任命された。

「2018年 『不倫』 で使われていた紹介文から引用しています。」

パウロ・コエーリョの作品

アルケミスト - The Alchemist 【講談社英語文庫】を本棚に登録しているひと

ツイートする