国際観光誘致のしかた: インバウンド・ツーリズム振興の基本

著者 :
  • 虹有社
2.67
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (265ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784770900586

作品紹介・あらすじ

旅行業界誌『トラベルジャーナル』の連載「国際観光誘致の技法」に書き下ろしを加え、1冊にまとめたインバウンド・ツーリズム(外客誘致)の基本を学べる本です。
アウトバウンドの旅行商品企画とマーケティングに関する専門書『旅行企画のつくりかた』とあわせて、旅行者を送り出す側と受け入れる側双方の、マーケティング・テキストとしてお読みください。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • インバウンド観光については、特に目新しい視点で書かれた本ではない。
    こうあるべき、という書きぶりが目立つが、そのようにするための
    「フレームワーク」が記載ないので、星二つ。

  • 観光誘致のイロハは分かりやすかった。もうちょっと具体例が豊富だと読み物としても楽しめたかも。最終章で震災と復興に触れてたのは蛇足。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

株式会社観光進化研究所代表、亜細亜大学教授、北海道大学大学院非常勤講師。1968年同志社大卒。プレイガイドツアーで30年間海外旅行の企画とマーケティングに従事。ニュージーランド観光局日本支局長、日本エコツーリズム協会事務局長、東京都小笠原観光プロデューサーなどを歴任。著書に『ツーリズムの新しい諸相』(虹有社)、『旅行企画のつくりかた』(虹有社)、『観光の時代』(トラベルジャーナル)などがある。

国際観光誘致のしかた: インバウンド・ツーリズム振興の基本のその他の作品

小林天心の作品

国際観光誘致のしかた: インバウンド・ツーリズム振興の基本を本棚に登録しているひと

ツイートする