船乗りがつなぐ大西洋世界―英領植民地ボストンの船員と貿易の社会史

著者 :
  • 晃洋書房
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 3
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784771028937

作品紹介・あらすじ

船と船乗りが織りなす近世アメリカの貿易史。海運とともに発展した英領植民地アメリカ。その港町ボストンの貿易の構造を、商船の移動経路や船乗りの役割に注目して究明する。海運記録から構築した独自のデータベースを駆使して、船乗りが積荷の売買から情報伝達までを担っていた、帆船時代の貿易のあり方を描き出す。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 東2法経図・開架 678.2A/Ka72f//K

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

かさい・としかず
所属:静岡県立大学(非常勤)

「2016年 『アメリカ帝国の胎動』 で使われていた紹介文から引用しています。」

笠井俊和の作品

船乗りがつなぐ大西洋世界―英領植民地ボストンの船員と貿易の社会史を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする
×