死の本

  • 光琳社出版
3.68
  • (7)
  • (5)
  • (12)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 75
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (143ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784771302976

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 荒俣宏「死体とのお付きあい」/小阪修平「死の哲学」/京極夏彦「獨弔」/宮元啓一「インド死者の書」/石堂藍「死をめぐる神話群」/田沼靖一「人の死」

    京極夏彦のは短編小説。全ページ黒と白と銀で印刷されていて美しい。豊富な図版や絵画もいい。

  • 1998年12月25日、初、並、カバスレ、帯付2014年2月18日鈴鹿白子BF

  • まず全体の半分が絵なのです。それも「死」にまつわる絵ばかり。
    ガイコツ、死人、幽霊、死体、葬式から黒ミサまで。
    それらの絵がとっても怖面白いけど
    本題は複数の先生方の哲学~小説。
    たくさんの「死」のお話がはいっています。
    なぜイザナキはイザナミを恐れたのか
    死ぬことが決まっている細胞アポトーシス
    死人の声アーガマ
    死体とのお付き合い
    「死」の歴史
    京極夏彦の死臭ただようような小説
    それらがとっても
    生き生きと書かれています。
    本の紙質からか
    ものすごいカビが生えた

  • 表紙のデザインも素敵。
    美しい死が拝める。

  • 関口巽の小説を 読者として読む 物憂げで甘美なパラドックス

  • 著名な先生方が地獄絵やらドクロ画に合わせておどろおどろしい一文を載せてます。
    京極先生は『陰摩羅鬼の瑕』作中のヘタレ関口巽の『獨弔』を掲載されてます。(こちらが先なのかな)

    表紙の9割を隠すような帯があります。蒐集家の方、お気をつけて。

全7件中 1 - 7件を表示

プロフィール

1947年、東京都生まれ。作家、翻訳家、博物学者、幻想文学研究家として、多彩な執筆活動を行う。シリーズで350万部を超える代表作『帝都物語』(角川書店)で日本SF大賞受賞。『世界大博物図鑑』全7巻(平凡社)ではサントリー学芸賞を受賞。おもな監修・著書に『モノのはじまりえほん』(日本図書センター)、『日本まんが』全3巻(東海大学出版部)、『すごい人のすごい話』(イースト・プレス)、『サイエンス異人伝』(講談社)、『江戸の幽明』(朝日新聞出版)など多数。

荒俣宏の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする