しろくまちゃんぱんかいに (こぐまちゃんえほん)

  • こぐま社
3.83
  • (80)
  • (81)
  • (111)
  • (5)
  • (2)
本棚登録 : 883
レビュー : 82
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784772100366

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2歳0ヶ月。
    お買い物をするところや滑り台で遊ぶところ、自分の重なるシーンをよく見ていました。

  • お母さんと買い物、手紙を出したり、くだものを買ったり、フランスパンを買ったり、ケーキは買ってくれなかった、滑り台で遊んで帰る

  • 保育実習中の保育科の高校生が読んでくれました。
    どうしてこの本を選んだの?と聞くと、子どもの時、お母さんに読んでもらったお気に入りの1冊と教えてくれました。

  • 絵がかわいい。巻末の「必要なものだけを買ったほうがいいということを教えているという」解説が意味深。だけども、「ほしいものを耐えることの喜び」というのは、大人にとってはそうだけど、子供はそう思うかなぁとも、少し解説に疑問もあった。

  • 1歳2ヶ月
    読みながら遊ぶページが少ないからか、思ったより反応が薄い。少し早かったかな?

  • <だだこねるしろくまちゃんがラブリー。>
     しろくまちゃんがお母さんとお買いものに出る一幕を絵本にした一冊です。
     ポストに手紙を入れ、おかいものをして、ケーキを買ってもらえずダダをこねるしろくまちゃん。滑り台を滑ってから帰って夕飯の支度を手伝います。
     おっきなケーキを買ってもらえず、だだこねるしろくまちゃんがラブリー。

    感想
     我が家には生後8ヶ月の双子がいます。
     ホットケーキ、の方が有名みたいなんだけど、我が家の双子の妹ちゃんはこっちのほうが好きらしい。
     鮮やかなリトグラフにすぐ手を伸ばします。

  • 2018年12月読みたいというので借りたら一人で読めた。

  • 図書館で借りた

  • パンを買いに行ったけれど、他のものも買っている。ケーキはダメ。そりゃそうでしょう。大きすぎます。私なら小さいケーキなら買ってあげてしまいそう・・・。私が食べたいから(ノ∀`)帰りのすべり台は良く分かる。娘も好きだから、終わらせるのが一苦労です。(2歳2ヶ月)

  • 1歳8ヶ月の息子も絵を見て内容を理解できる。ポストやお手紙、パン、リンゴ、バナナ、すべり台など。そして、しろくまちゃんの涙の顔を見ると自分も悲しそうな顔に。
    "買えたよろこびと買えないことに耐えるこころ"がテーマとあるが、"けちんぼ"という言葉のセレクトはいかがなものかとも思う。買わないケーキの気待ちの切り替えなのかどうかは不明だが、買いもの帰りにすべり台に寄るのも同意しがたい。文章が少ないので、なんでケーキを買わなかったのか、大きなケーキは特別な日に買おうね、などと補足しながら読み聞かせている。

全82件中 1 - 10件を表示

わかやまけんの作品

しろくまちゃんぱんかいに (こぐまちゃんえほん)を本棚に登録しているひと

ツイートする