はるかぜさんといっしょに

著者 :
  • こぐま社
3.71
  • (1)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 35
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784772100397

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • UniLeaf では、この絵本に透明点字シートを挟み込んで製本した、ユニバーサル絵本を貸し出ししています。
    状況が「読みたい」になっている本はお貸しできます。
    「いま読んでいる」になっている本は貸出中ですが、ご予約いただけます。
    コメント欄に「貸出希望」と書いてください。
    (送り先の住所などはここに書かないでください。)

  • 春風さんが桜の木のところで桜の花びらを巻き上げている。
    こんちゃんと犬のしろは春風さんについて行くことに。
    町中を通ると、花屋さん、パン屋さん、魚屋さん、バスを待っている人々、車に乗っている人々がみんなくっついてきて大行列に。
    野原を通って、丘に着くとぽかぽかして気持ちがいい。
    最後はみんなでお昼寝。

    金のガチョウみたいに行列に。

    バスに乗らないで歩いて行こうとか、車に乗っていても降りてついて行く、とかのどかでいいなあ。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1939年、東京に生まれる。東京藝術大学工芸科卒業。学生時代からリトグラフ、エッチングを手がけ、日本版画家協会展新人賞、同奨励賞受賞。「子どもが画をかくときの気持ちや大胆さを大切にしたい」と語るとおり、のびやかな線と明るい色調で描かれるその世界が、子どもの心に自然に受け入れられている。代表作『わたしのワンピース』は親子三代にわたるファンも多い。『ちいさなきいろいかさ』(もりひさし文/金の星社)で第18回産経児童出版文化賞受賞。『えのすきなねこさん』(童心社)で、第18回講談社出版文化賞絵本賞受賞。

「2017年 『子どものアトリエ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

西巻茅子の作品

ツイートする