ひらいたひらいた (こぐまちゃんえほん)

  • こぐま社
3.29
  • (9)
  • (19)
  • (42)
  • (6)
  • (4)
本棚登録 : 303
レビュー : 28
  • Amazon.co.jp ・本 (22ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784772100519

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 肝心の歌のメロディを忘れたので、面白くない…

  • 出版社からの内容紹介
    子どもたちが大好きなわらべうた「ひらいた ひらいた なんの花が ひらいた」。この元の歌に加えて「泣いた・笑った」などの反対の意味になることばを楽しい絵で展開。節をつけてうたえば、子どもはニコニコ。

  • じ。69
    1y8m

  • 0歳。

    うたのリズムになっているので、歌ったり、読んだり。
    ただし、長い。飽きてしまう。
    話があるようで、ないので、面白くはなさそうにしている。
    こぐまちゃんシリーズの中では、あまり好きでないようす。

  • 開いたと思ったらつぼんだり、泣いたと思ったら笑ったり、転んだと思ったら起きてたり…。

  • 読んでいて「これ知ってる」と思いました。

    でも、脳内再生されるメロディーでは字数が合わない。

    それだけではなく、なにか違和感が…。

    それで後で曲を聴くと字数が合わないのと違和感の理由が分かりました。

    私の脳内再生されていたメロディーはチューリップとまざっていたみたいです。(苦笑)

  • 最初の方は歌ってやるけど、長いので、普通に読んでしまう。娘も内容には興味を持たない。リズム はいいのに読みにくい…

  • リズミカルで歌いながら読み聞かせられそう。こぐまちゃんシリーズはどれもとてもかわいい。

  • 本を読みながら楽しく歌えます。

  • 図書館で借りた本。

    これは読む、というより歌ってあげればいいのよね…?
    と思いつつ歌い聞かせ。

全28件中 1 - 10件を表示

わかやまけんの作品

ひらいたひらいた (こぐまちゃんえほん)を本棚に登録しているひと

ツイートする