さよならさんかく (こぐまちゃんえほん)

  • こぐま社
3.79
  • (72)
  • (62)
  • (109)
  • (8)
  • (0)
本棚登録 : 761
レビュー : 85
  • Amazon.co.jp ・本 (24ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784772100526

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「さよならさんかく またきてしかく」というフレーズが大好き。可愛くて何度もおまじないのように唱えたくなってしまいます。
    キュートでポップな絵が連想ゲームのように続いていく仕掛けは大人が読んでいても楽しい。
    娘たちもこぐまちゃんシリーズは赤ちゃんのときからお気に入りで何度も読んであげましたが、大きくなった今は自分で"おはなし会"をひらいて、なんと私に読み聞かせてくれています。笑

  • 「さよならさんかく、またきてしかく♩」幼い日にくちずさんでいた歌がこの本だったとは!誰から教えてもらったかはおぼえていないが懐かしさでいっぱいになった。

  • さよならさんかくの絵本。

    トマトを頭に乗せている図が、Dr. Seussの本に似ているけど偶然だよね。

  • 知育絵本ですかね。言葉遊びとものさがし。

  • 一ページ目のおめんのしろくまちゃん、こぐまちゃんがかわいすぎてやられた。読んでて楽しい、次何かなーってわくわくします。ディック・ブルーナのまるさんかくの出てくる絵本はストイックすぎてなんか禅問答みたいだけど、こぐまちゃんのは、いい。

  • リズミカルに読んであげていたので、覚えやすかったようで、お気に入り絵本第一号になりました。
    「さよならさんかく、まてきてしかく・・・」と言い出すと、この絵本を持ってくるようになりました。
    余りに好きすぎて、1人でもページをペラペラめくり遊ぶものだから、破れたりかじったりしている部分も多い絵本です。

  • さらならさんかく、またきてしかく、の遊び歌の絵本。連想はところどころ強引だけど、色使いやデザインは可愛らしい。

  • ことばの連想。
    おばけのところはいやみたい、

    C8793

  • 出版社からの内容紹介
    「さよなら さんかく またきて しかく…」。おなじみのことば遊びを楽しく展開した絵本。元歌の「四角は豆腐 豆腐は白い」の連想ばかりでなく、四角のページでは四角い形の物がたくさん描かれています。

  • 五か月。

全85件中 1 - 10件を表示

わかやまけんの作品

さよならさんかく (こぐまちゃんえほん)を本棚に登録しているひと

ツイートする