くまさぶろう

著者 :
  • こぐま社
4.15
  • (24)
  • (29)
  • (12)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 376
感想 : 33
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784772100595

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 心に残りすぎて、購入してしまいました。
    くまさぶろうが、自分の家を失った後に、できるようになったこと。
    その中で、何が大切なことか、何が自分の心に嬉しいことなのか、気づいたのかなあ。

    優しく、あたたかい気持ちになるストーリーと絵です。

    いろんな経験を経て。
    くまさぶろうのような人になりたいな。

    2017.8.21
    先輩が好き、とのことで拝読。
    えっなにこれ?と、ステキすぎて、言葉もない。

    みんなにオススメしたい一冊。

  • 閉架図書にありました。
    今までに読んだことのない。ストーリー。
    たくさんの人読んでほしい

  • どろぼうが色んなものを盗んでくれる話

    タイトルからでは想像できないよい作品でした。優しい気持ちになります。どうか色んな町を旅してほしいです。
    絵も優しくてきれいな色でした。

  • 離れているものは吸い寄せ、大きなものは縮めて盗る不思議な能力で、誰にも気付かれずにどんなものも上手に盗んでしまう泥棒の名人『くまさぶろう』。
    子どもの砂遊びのシャベルやポケットの中のミニカーを盗んでいた悪党全開の前半と、子どもたちの泣きたい気持ちや悲しい心を盗む優しさがじんわり滲む後半で、くまさぶろうの印象がガラリと変わる。
    最初は固い表情だった7歳の息子も「最後がいい」と好印象。
    くまさぶろうの盗んだ悲しい気持ちが、子どもたちの喜ぶ顔で嬉しさに変わるのもホッとするなぁ。

  • 名作!
    物から心へ、平和になる!
    今まで知らなかった!知らなかった心をぬすまれて、この名作に出会うことが出来ました!
    ありがとう!

  • かわいらしい絵で、くまが主役のお話かと思ったら、スリのおじさんのお話でした。
    初めは人のものを盗み続けていましたが、ある時人を驚かせるためにゾウを盗み、その結果全てを失ってしまう。
    それからくまさぶろうは、困っている人の痛みや気持ちを盗み、人の役に立つ喜びを得ていく。
    達人的な盗み技を良い方向へ生かすことができた。
    こんなスリなら大歓迎ですね。

  • 素敵なと盗人

  • びっくりしたところは、くまさぶろうがぞうをちいさくしたところです。
    くまさぶろうがすごいところはまだあります。みなさんもぜひみてみてくださいね

  • 負の感情を盗むというくまさぶろう。悪い人なのか良い人なのか?子供と考えながら読める本。大人にも良いと思う。

  • k
    4歳1ヶ月

全33件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

本名・森久保仙太郎。作家。絵本研究家。歌人。歌集に『月の谷』など。創作絵本に〈こぐまちゃんえほん〉シリーズ。『くまさぶろう 』『ちいさなきいろいかさ』など。絵本の翻訳に『はらぺこあおむし』『パパ、お月さまとって!』〈くまのアーネストおじさん〉シリーズなどがある。2018年逝去。

「2020年 『はらぺこあおむし+木のおもちゃギフトセット』 で使われていた紹介文から引用しています。」

もりひさしの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×