かお かお どんなかお

著者 :
  • こぐま社
3.71
  • (112)
  • (90)
  • (173)
  • (20)
  • (5)
本棚登録 : 1721
レビュー : 139
  • Amazon.co.jp ・本 (20ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784772100908

作品紹介・あらすじ

まんまる顔の笑い顔。かなしい顔はらっきょう顔。ひょうたん顔の泣き虫顔。いろんな顔がいっぱい!あー、このかおおとうさんみたい。そんなことばがきこえてきそう。柳原良平、待望の新刊絵本。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • あかちゃん絵本、ちゃんと見たことがないなと思って借りた。

    かお
    め が ふたつ
    はな は ひとつ
    くち も ひとつ
    たのしい かお
    かなしい かお
    どんな かお?

    1988年1月発行、昭和。
    しぶい色合いで、背景の紙質もしわっぼくて懐かしく、およそ令和では出会えない感じ。
    線が薄いのだけれど、かおのつくりから説明してくれます。
    いろいろな目鼻口の形、気持ちで顔が変わるということがわかる。
    「こまった かお」がひょっとこみたいで、個人的には「あまーい かお」がおもしろくて好き。
    あまいお菓子を食べたらこんな顔をするかも。笑
    裏表紙は「くやしい かお」かな。

  • 絵本を読むというと最近とても嬉しそう!
    顔には興味があるようで、よく見ていた!
    おすすめの本。

  • 0歳の娘を膝に座らせて読み聞かせ。1ページごとに私の表情もいちいち確認してくるのがおかしかったw

  • とても子供が気に入っていた。楽しい顔というと楽しい顔をして、泣いた顔というとえーんえんといって感情を理解しているようだった。

  • 1歳の娘が2番目に気に入った絵本。

    いろんな顔の表情が出てきて、わたしが顔真似するといっしょになって真似します。

    わらったかお、ないたかお、といったわかりやすいもの以外のてれたかお、いたずらなかおも、どんな時のかおなのか考えてがんばって真似していました。

  • 0歳3ヶ月 図書館

    じーっと見てたまに笑う。
    それぞれの顔に合わせて声色を変えて読むと喜ぶ。

  • 1才4カ月。
    最初はあまり興味を持たなかったが、表情に合わせた読み方を続けたところ、表情の真似をするようになった。

  • 図書館で借りてきて最初は興味津々で何度も読んでいましたが、2週間で飽きちゃったみたい。
    ちなみに怒った顔にはすごく反応する!笑

  • 〇〇の目はどこ〜??〇〇のお鼻は〜??と最初のめがふたつのシーンで楽しく覚えながら遊んでいます♪
    まだ表情の違いでの反応はあまりないですが、
    最近ねんねんねと言いながらトントンすることを覚えて
    ねんねの顔にトントンしています。
    これから更に成長して表情が読み取れるようになってくるとさらに楽しく読めるんじゃないかなぁと楽しみです(^ ^)

    1歳4ヶ月

  • 10ヶ月。何回か読んでるうちに笑顔がでるようになった。

全139件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

柳原良平 (1931~2015)。東京生まれ。画家、イラストレーター、絵本作家。1954年京都美術大学(現京都市立芸術大学)卒業後、寿屋(現サントリー)宣伝部に勤務。テレビCFのキャラクター“アンクルトリス”を創案。その後フリーになり、毎年横浜で好きな船をモチーフに個展を開いていた。2013年第6回海洋立国推進功労者内閣総理大臣表彰受賞。

「2017年 『貨物船のはなし』 で使われていた紹介文から引用しています。」

柳原良平の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エリック=カール
なかの ひろたか
にしまき かやこ
酒井 駒子
A.トルストイ
前川 かずお
有効な右矢印 無効な右矢印

かお かお どんなかおを本棚に登録しているひと

ツイートする
×