このにおいなんのにおい

著者 :
  • こぐま社
3.57
  • (2)
  • (5)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 59
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784772101165

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 図書館で借りて読み。
    柳原良平の絵が好きなので。

    においのイメージがちゃんとそのもののにおいになってるところがいい。6歳児が「さかなだよ」と言っていたらほんとに魚のにおいだった。

  • 色々なにおい。
    食べ物、外、お店、お父さん、お母さん、自分。

    においが帯状になっていて、においのもとが色に表れている。
    においを想像すると楽しめそう。

  • においだけでも
    日々の生活にた~くさんあるんだなぁ!

    いろいろなにおいにワクワクするねっ!

  • ちょっとページ数が多いかな?と思いました。子供の反応もそれほどでもなく、読んでる大人も飽きてしまう。四季の部分はいらないかなぁともおもいました。

  • 思わずたっつぃーのにおいをくんくんしてしまいました。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

柳原良平 (1931~2015)。東京生まれ。画家、イラストレーター、絵本作家。1954年京都美術大学(現京都市立芸術大学)卒業後、寿屋(現サントリー)宣伝部に勤務。テレビCFのキャラクター“アンクルトリス”を創案。その後フリーになり、毎年横浜で好きな船をモチーフに個展を開いていた。2013年第6回海洋立国推進功労者内閣総理大臣表彰受賞。

「2017年 『貨物船のはなし』 で使われていた紹介文から引用しています。」

柳原良平の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 太郎
馬場 のぼる
なかの ひろたか
かがくい ひろし
にしまき かやこ
なかがわ りえこ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする