洪水のあとで―ノアたちのその後

制作 : Arthur Geisert  小塩 節  小塩 トシ子 
  • こぐま社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784772101233

作品紹介・あらすじ

箱舟にのってあの大洪水をのがれたノア一家と動物たちは、いったいその後、どうなったのでしょうか。水がひき、舟を降りた彼らは、最初の年月を、どうして暮らしていたのでしょう。前作『ノアの箱舟』でおう盛な想像力をはたらかせ、箱舟の中での生活を描いたガイサートが、今度は、ノアたちのその後の日々を生命にあふれた輝かしい日々として描いたのが、この絵本です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • アララト山についたあと、船を下ろしてノア一家と動物たちで協力して生活する、人が増えたら他の土地に移るものも出て地上はまた生き物で溢れる

  • このまま全てが仲良く暮らしていけるのだろうかとふと思いました。

  • 縮小してまた膨らんでいく世界。

  • 箱舟にのってあの大洪水をのがれたノア一家と動物たちの
    その後を描いています。
    生命にあふれた輝かしい日々として
    描かれている絵本です。
    希望を持ち続けることの大切さを教えてくれます。

  • 大洪水の前にノアは地上のすべての動物をつがいで箱舟に乗せた。到着したのはアララット山。それからのノアたちはどうしたのか?箱舟を山から下ろし、ひっくり返して家にして種をまき定住し、動物や人が増えると他のい土地に移っていった者たちもおおくなった・・・。私たちはノアの仲間なのかな?どうもしっくりこないのは私が仏教徒だからでしょうか?

全5件中 1 - 5件を表示

アーサー・ガイサートの作品

ツイートする