がまくんかろくん

著者 :
  • こぐま社
3.33
  • (4)
  • (3)
  • (19)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 80
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784772101578

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 中古購入

    馬場のぼるさんの絵は
    かわいらしい絵柄と色が好き
    話の内容はわりと普通なんだけど
    まだ下の子は泳げないので
    小学校プールが始まったら
    また読み返してくれるかなって
    期待を込めて買うことにした
    自分で努力する事と
    友だちを応援する事が自然とできますように

  • 大人が読んでも楽しめる!

  • かろくんとがまくんが川へ泳ぎに行くけれど、実はがまくんは泳げなかった。
    泳げないがまくんを泳げるように、とかろくんはがまくんを紐で吊って川の中を泳ぐ練習をさせるけれど、そこへ小さい子がやってきて自分も入れてと飛びついたためがまくんは水の中へ…。
    その後、がまくんはブランコで泳ぐ練習をする。
    それを見てかろくんは川の近くの木にブランコの要領で紐を吊ってがまくんの練習を手伝う。
    すると、ブランコの紐が切れてがまくんはまた川に落ちてしまう。
    でも、今度はちゃんと泳げているのだった。

    「かろ」って何だろう。

  • カエルのがまくんとかろくんのお話です。泳げないがまくんがかろくんと力をあわせて泳げるようになるまでを描いています。
    カエルなのに泳げない設定とパクりのような作品の感じに疑問を感じてしまいました。また、読み始めると意外とお話が長くて途中でトゥーゴが飽きてしまいました。
    あまり好きなタイプのお話ではないですし、読むとしてももっと月齢がいってからのほうがよかったなと思いました。
    (10ヶ月)

  • ストーリーはまだ理解できていないみたいだけど時々もってくる。 2009.1

  • 馬場のぼるさんの本。こんな友情があってほしいなぁ・・・。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1927年、青森県三戸町に生まれる。1949年、上京し漫画家としてスタートした。その作品は、ほのぼのと暖かい画風と深みのあるユーモア、独特の語り口で、幼児から大人まで幅広い人々の人気を集めている。 漫画『ブウタン』で第1回小学館漫画賞、『11ぴきのねこ』で第15回産経児童出版文化賞、『11ぴきのねことあほうどり』と日本経済新聞連載の漫画『バクさん』で第19回文藝春秋漫画賞受賞。『絵巻えほん 11ぴきのねこマラソン大会』で、イタリアの子どもたちが選ぶイタリア・ボローニャ国際児童図書展エルバ賞を受賞。一連の業績に対して、1993年に日本漫画家協会賞文部大臣賞、1995年に紫綬褒章受賞。日本漫画家協会、漫画集団、漫画家の絵本の会に所属していた。2001年没。

「2017年 『馬場のぼる ねこと漫画と故郷と』 で使われていた紹介文から引用しています。」

馬場のぼるの作品

ツイートする