グリムの昔話 くまの皮をきた男

制作 : フェリクス ホフマン  Felix Hoffmann  佐々 梨代子  野村 〓 
  • こぐま社
3.79
  • (3)
  • (5)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :29
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784772102070

作品紹介・あらすじ

スイスの代表的な画家ホフマンは、『おおかみと七ひきのこやぎ』など、美しいグリムの昔話絵本を残しています。それらは、もともと自分の子や孫に愛情をこめて贈った手描きの絵本で、のちにホフマン自身が石版画に起こし、出版したものです。この『くまの皮をきた男』は遺作となり、手描きの絵本を原稿にしてスイスで刊行されました。その手描きの絵本を今回、新たに製版し、日本の子どもたちに届けます。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 戦がなくなって途方にくれた兵隊が森で出会った男とある約束をする。
    約束のとおり垢だらけで髪の毛と髭に覆われて、でもお金だけはある。
    外見から宿屋で追い払われそうになるけれど、お金でなんとか泊まれたり。
    いろいろと考えさせられる。
    それにしても、またもや末娘!
    私の周りではのんびりやでも責任感のある長女、猜疑心か好奇心が強い次女、甘えん坊でワガママな三女が多いのでどうも違和感。
    これも時代なのかなあ。

  •  訳文は「子どもに語るグリムの昔話 1」からとり、漢字使いは若干変更。
     ホフマン氏が自らの子どもや孫のために描いたという絵が、あんまり好きではなく…。
     

  • 語りで聞いたので読んでみたけど、
    ぜんぜん想像できなかった!かたりのがよかった!

  • なんか似たような話が、日本の昔話にもあったような。。。
    大抵、醜い男は親切で、お礼は娘との婚姻で、そして、その娘は末っ子で…やがて、醜い男はイケメンで金持ちになって…めでたしめでたし。と相場は決まってる。

    心が大事、という教訓にしたいなら…イケメン金持ちにわざわざしなくてもいいぢゃないか…と思うのは、私が捻くれてるからか?

全4件中 1 - 4件を表示
ツイートする