あのほしなんのほし

著者 :
制作 : 柳原 良平 
  • こぐま社
3.00
  • (1)
  • (2)
  • (9)
  • (2)
  • (1)
  • 本棚登録 :33
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784772102209

作品紹介・あらすじ

たまにはのんびり、星空を見上げてみませんか。はるかかなたからのまたたく光がなにかを話しかけてきますよ。春の北斗七星、夏は天の川をへだてて織り姫彦星、秋のカシオペヤ座に冬の代表的星座オリオン、そして、流れ星まで…。子どもたちが四季折々の星たちと出会うきっかけになりますように。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 星に興味がでてきた、小さな人達の導入書として。四季を通した、代表的な星座がはっきりしたわかりやすい柳原さんの絵で紹介されています。

  • 夜空を 見上げたくなる 一冊♪

  • 星座のはなし。めずらしく全く興味をしめさなかった。
    C8793

  • 図書館で借りて読み。

    星や星座についての本が読みたくて。
    こないだ宵の明星(金星)を二人で見たことがあったけど、6歳児は覚えててくれたかしら、と思いつつ。

    柳原良平の絵がかわいい。しれっと船の絵を差し挟んでくるところもさすが。

  • 星座の絵本。
    四季折々の代表的な星座がかわいいイラストと覚えやすいお話で紹介されてます。
    これだけでも楽しいのですが、巻末には「この絵本にでてくる星のお話」として、もう少し詳細な説明(小学生以上向け?)が載っており、行き届いているなあと思いました。
    そういえば私、何年も夜空なんて見上げてなかった。夏の大三角形探せるかな?

  • 978-4-7721-0220-9 23p 2014・5・25 1刷

  • 金星、夏の大三角形、こぐま座・おおくま座、織姫・彦星、カシオペア、オリオン、流れ星、ほうき星、北斗七星、南十字星…。
    有名な星々を春から冬に掛けて1年を通して語呂のいい文章で紹介。
    巻末には全ページが縮小されて載っていてさらに細かい説明もある。

    絵があまり今風でなく、一昔前のような印象を受ける。
    色々ごちゃまぜになって紹介されているのが多少気になる。

全7件中 1 - 7件を表示

みきつきみの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
かがくい ひろし
なかの ひろたか
A.トルストイ
アネット=チゾン
ヨシタケ シンス...
にしまき かやこ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする