うめぼしさん

制作 : ましま せつこ 
  • こぐま社
3.75
  • (3)
  • (9)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 77
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (28ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784772102247

作品紹介・あらすじ

「うめぼしさんうめぼしさん、あかいかおしてしわよって、くちにいれたらすっぱくて…」お弁当やおにぎりに欠かせない梅干し。その梅干しのできるまでが、季節の移ろいを背景にうたうようなリズムの文とユーモラスな絵で描かれます。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 30年度  仲よし

  • ついつい早口で読みたくなる、リズムの良い文章。それでいて、うめぼしはどうやってできるのかをきちんと説明していて、とっても良い本だと思います!
    子供達もとても気に入り、何度もなんども読み聞かせしました。

  • 昔からあったわらべ歌のよう
    リズムがよくて
    さすが神沢利子さん!
    やさしけれどリアルでもあります
    和紙に描かれた貼り絵も味わい深い
    日本のほこる食べ物 うめぼしさん

    ≪ おにぎりも いつもいっしょね うめぼしさん ≫

  • 2016年3月13日

  • 日本のよみものにしたけれど、かがく絵本だったりもするかなあ。

  • わらべうたのようなリズムの文章で梅干し作りの様子を表現。
    6月の読みきかせの定番にした。

  • 食卓に上るうめぼし。どんなふうにできるのかな。

    どことなく わらべ歌のような文体と、レトロな絵が合わさった1冊。

    うめぼしが食べたくなってきた~♪

  • 語呂がよくて 読み聞かせに ピッタリな感じ…梅干しは 食欲が 湧いてきますね♪

  • 梅干しができるまでを表現しているが、非常にリズム感が楽しげ

全10件中 1 - 10件を表示

かんざわとしこの作品

ツイートする