だっぴ!

著者 :
制作 : 北村直子 
  • こぐま社
3.17
  • (0)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 30
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (24ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784772102421

作品紹介・あらすじ

おやおや? 生き物たちが、なんだかもぞもぞしているよ。その姿をよーく観察してみると…あっ、脱皮してる!! ダンゴムシやザリガニなどが、成長のためにくりかえす「脱皮」現象を、数々の動物絵本を手がけてきた著者がユーモラスに描きます。くりかえしのリズムで楽しく読める、自然に興味を持ちはじめた子にぴったりの絵本です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 立ち読み

    子どもがもっと小さかったら
    買って読ませたかったなー
    小さめの正方形の本の形も
    絵柄も
    最後のオチもとてもかわいい!!

  • 「だっぴ!」という言葉は、発音しやすいし、キレがあって、小さな子どもには快感だと思う。
    ページをめくるたびに、いろいろな「だっぴ」が出てくる。次は何かな?という期待が楽しい。

  • もぞもぞ‥だっぴ!動きが軽快な絵本。「オチ」もクスッとするね(笑)

  • 脱皮って知ってる?ダンゴムシ、ヘビ、イモリ…みんな皮を脱いで大きくなります。モゾモゾがんばって「だっぴ!」
    なんだかすっきり気持ちよさそう。人間も脱皮するかな?

    「脱皮」と書けばよくわかるけど、「だっぴ」ではちょっと意味不明かもしれません。

  • 幼児にわかるかな?

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

東京都生まれ。多摩美術大学絵画科油画卒業。井の頭自然文化園でポスターや展示デザインをするかたわら、広告、装丁などのイラストやデザインを手がける。主な作品に、絵本『おでかけ どうぶつえん』『おでかけ すいぞくかん』(ともに学研教育出版)、『せかいでいちばん手がかかるぞう』(教育評論社)、『珍獣図鑑』(ハッピーオウル社)、『小学館の図鑑NEOまどあけずかん いきもの』(小学館)『おならゴリラ』『ワタナベさん』『オオイシさん』(ともに偕成社)など。

「2019年 『だっぴ!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

北村直子の作品

ツイートする