子どもに語るグリムの昔話〈2〉

  • こぐま社
3.61
  • (3)
  • (6)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 84
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (185ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784772190084

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • みつけどり/ねことねずみのともぐらし/あわれな粉やの若者とねこ/貧乏人とお金持/みそさざいとくま/かえるの王さま/白雪ひめ/かしこいグレーテル/六人男、世界をのし歩く/十二人兄弟/雪白とばら紅 
    全11話収録  

    原文に忠実な翻訳で、素朴で骨太なグリムの魅力を伝える。練られた訳文は、声に出して読みやすく、聞いているとお話の情景が浮かんでくる。

  • 「かえるの王さま」
    約束したなら守らないと!と諭す王様
    壁に叩きつけたら王子様

    王子様と家来の最後のシーンは、不要ということで
    割愛されてしまう訳もあるそう
    だけど、それが本当のハッピーエンドだと思う
    お姫様が幸せになるだけの物語じゃない
    物語に人生の重みが、欲しいです

  • 通し番号:77

  • 多摩図書館が編集した、子どもへの読み聞かせに適した推奨本の一冊。

    「昔話は、タカラの山です」として紹介。

  • 『みつけどり』をすばなしのレパートリーにいれようとしているところ。ごくふつうの子たちが「あんたはバラの木におなり」と言って変身するあたり、言霊の時代の名残が感じられておもしろい。これを「ふしぎー!」と思える子のほうが、「こんなことあるわけないじゃん」と思う子よりもずいぶん幸せであろう。5年生のクラスで語る予定だが、もう少し小さい頃に話してあげたらよかったとも思う。それより間に合うのかちょっと不安。

  • 請求記号【94 グ 2】昔話は、耳で楽しむおはなしです。

  • かしこいグレーテル
    十二人兄弟

    が好き。

  • 「がちょう番のむすめ」 は(1)に収録されています。画像は2巻めのもの。
     師匠の語るこのおはなしを初めて聞いてから6年。今年やっと自分もレパートリーにすることができました。師いわく「良い語り手が育つには時間がかかります。」 
    はい、そのようです。
     感慨をこめて★5つ

  • 王道

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

グリム兄弟●
19世紀にドイツで活躍した文学者のヤーコブ・グリム(1785年~1863年)とヴィルヘルム・グリム(1786年~1859年)の兄弟。裕福な家に生まれたが、父の死で困窮、親族の援助で大学に学び、優秀な成績をおさめた。兄は法律家としての活動でも知られる。ドイツ各地の古い民話を収集し、創作を加えて『グリム童話集』としてまとめた。160以上の言語に翻訳されたと言われ、世界中で読まれている。

「2017年 『美女と野獣 七つの美しいお姫さま物語』 で使われていた紹介文から引用しています。」

グリム兄弟の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
モーリス・センダ...
馬場 のぼる
ジャニス=メイ=...
ばーじにあ・りー...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×