てんこうせいはワニだった! (こぐまのどんどんぶんこ)

著者 :
  • こぐま社
3.73
  • (5)
  • (0)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 92
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (71ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784772190688

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • てん校生がワニだったら、ぼくだってびっくりする。でも、本を読んでみたら、こんなワニだったら意外と楽しいかもと思った。やさしそうだし、かわいい。ワニといっしょに、ワニについての本を読みたい。(小3)

  • 転校生のわにくんがクラスになじもうと奮闘する姿がかわいい。そういえば子供向けの本には意外とわにが多く出てくる気がする

  • プールのリレーでワニくんが速くて2組が1位になってワニはこんなに速いんだなと思った。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1959年、東京生まれ。上智大学文学部心理学科、同大学院修士課程修了。教育相談所、心理相談員を経て、現在は絵本、童話の創作をしている。絵本に『よくばりぎつねのじろろっぷ』(たるいしまこ絵 福音館書店)、『4にんのこえがきこえたら』(はたこうしろう絵 フレーベル館)、童話に『でんでら竜がでてきたよ』(伊藤英一絵 理論社)、『なきむしおにごっこ』(降矢奈々絵 ポプラ社)、『てんこうせいはワニだった!』『きっちり・しとーるさん』(ともに こぐま社)、『ぼくのドラゴン』(森環絵 理論社)など多数。

「2020年 『わっはは ぼくの なつやすみ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

おのりえんの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×