心理援助の専門職になるために―臨床心理士・カウンセラー・PSWを目指す人の基本テキスト (臨床心理学レクチャー)

制作 : 下山 晴彦  堀越 勝  堀越 あゆみ 
  • 金剛出版
4.00
  • (5)
  • (4)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :50
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (292ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784772408226

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 対人援助に関わる者として、自分の適性や資質と正面から向き合うことを助けてくれる本です。如何に真摯に自分を見つめられるかで、得られる物が変わってくるでしょう。
    1回目は途中で投げ出して積ん読にしていましたが、それもまた意味のある事だったように思っています。大学院進学を考えている人、進学決まったけど大丈夫かな?と不安になっている人は、読んでみると少し楽になれるのかも。私も折に触れ読み返したいと思います。

  • どうして心理職を目指したのか,自分が何を思っているのか,
    改めて自分の考え方や価値観に向き合うことが出来る。
    読み応えがあってすぐに読むことはできないけれども,
    時間をおいて何度も読んで,自分の変化を理解しておきたい。

  • 教科書として。その2.

全3件中 1 - 3件を表示

マリアン・コーリィの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
最相 葉月
有効な右矢印 無効な右矢印

心理援助の専門職になるために―臨床心理士・カウンセラー・PSWを目指す人の基本テキスト (臨床心理学レクチャー)はこんな本です

心理援助の専門職になるために―臨床心理士・カウンセラー・PSWを目指す人の基本テキスト (臨床心理学レクチャー)を本棚に登録しているひと

ツイートする