精神分析における言葉の活用

著者 :
  • 金剛出版
3.25
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (249ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784772408929

作品紹介・あらすじ

「はじめに言葉ありき」。本書の主題「活用use」の意味するところは、道具として言葉をどのように利用・運用するかということであり、とりわけ心理療法の空間において、どのように言葉を使うかという点に集約される。まずウィニコットやサリバン、ラングスに加えて、グレイ、ギルといった米国の対象関係論以後の諸学派の理論・技法をバックグラウンドに臨床の仕事にたずさわる著者が、それらの心理療法家たちの理論・技法をわかりやすく解説する。そして、臨床場面における道具としての言葉、言葉の認識機能としてのメタファーの重要性、実際の行為としての発話の力など、言葉とそれに付帯する要素をどのように活用すべきかを示す。本書は精神分析を愛する、そしてそれを標榜する著者が、その利用価値を最大限プラグマティックに拡張したいと願って書いたユニークな臨床指導書である。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 注釈の文体がやけにフレンドリーなのが不思議。

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

1987年上智大学文学研究科博士後期課程満期退学。北山研究所,佐賀医科大学助教授,久留米大学文学部助教授を経て現職。専攻臨床心理学・精神分析学。現職南青山心理相談室他セラピスト・東京国際大学人間社会学部教授。

妙木浩之の作品

精神分析における言葉の活用を本棚に登録しているひと

ツイートする