自殺の危険―臨床的評価と危機介入

著者 :
  • 金剛出版
4.00
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (353ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784772408950

作品紹介・あらすじ

今回の改訂にあたり、近年の自殺の実態と著者の長年の臨床実践をふまえて初版の記述を大幅に書き改めた。さらに、過労自殺や職場におけるメンタルヘルス、ポストベンション、自殺予防に大きな影響力を持つマスメディアの報道の仕方、群発自殺、法的問題、学校での自殺予防教育、自殺予防ガイドライン作成に向けての各国の動向、等、新たな書き下ろしを加えることにより、前書の約2倍の内容を収録した。本書において著者は、自殺の危険を評価するための正確な知識と面接技法の要諦を多くの症例を交えて解説している。本書はまさに自殺予防に関する臨床的知見の宝庫であり、専門的研究の決定版である。医学・心理学・看護等、すべての心の専門家、また、自殺の危険の高い人を理解しようという家族や友人に多くの示唆を与えるであろう。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 質も量も、自殺研究に関してはこれほどの本はありえないと思う。自殺はどうしてもケーススタディ(事例研究)が多くなり、その分迷信やらが多くなるが、統計的に処理する、またはデータから考えた対応策が必要だと思われる。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

筑波大学医学医療系災害精神支援学教授。医学博士,精神科医。

「2016年 『十代の自殺の危険』 で使われていた紹介文から引用しています。」

自殺の危険―臨床的評価と危機介入のその他の作品

高橋祥友の作品

自殺の危険―臨床的評価と危機介入を本棚に登録しているひと

ツイートする