アンガーマネジメント 11の方法―怒りを上手に解消しよう

  • 金剛出版
3.33
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784772415132

作品紹介・あらすじ

怒りは誰にでも生じるものである。
それ自体によい,悪いはない。怒りそのものは「何かが問題である」というメッセージとして生じるものであり、加えて「その何かを変えようとする活力を与える」ものである。
問題なのは、その怒りの感情をうまくとらえられなかったり、うまく処理できないことなのである。本書では、怒りを11種類に分け、それぞれの怒りについて理解を深めていく。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • アンガーマネジメント、あんまり詳しくないが、なんとなく知っている気になっているジャンル。

    「数秒間待って、自分が今怒っていることに気づく。それを受け入れつつ、自分が何を欲しているかに意識を向ける」みたいなもんだろうと思っていた。

    最近、読んだアンガーマネジメントの入門を読んでも、概ね、そんな感じであったが、この本によると怒りには、似ているものもあるが、11もの種類があって、さらに複数の怒りが絡まっていることもある。そして、怒りへの対処法もそれぞれある。

    アンガーマネジメントの本格的な領域に急に入って、これはこれこれで、広く、深い世界だな、と思った。

    「怒り」というネガティブ感情に向きあい、それと付き合っていくだけで、たくさんの努力が必要そう。これやっているだけで精一杯で、その先に進めなくなっちゃう感じも。。。。

    でも、「怒り」のエネルギーを認め、そこをポジティブに使うことができれば、自然にその先に進み始めるのかも?

    自分は、あんまり「怒り」の感情で悩むことは少ない気がしているのだが、自分では意識してなかったけど、まあ、色々、ありそうだな。

    この領域も、もうちょっと、深めてもいいかも。

  • 請求記号:141.6/Pot
    資料ID:50084942
    配架場所:図書館1階東館 め・く~る

全2件中 1 - 2件を表示

ロナルドT.ポッターエフロンの作品

ツイートする