みみずのカーロ―シェーファー先生の自然の学校

著者 :
  • 合同出版
3.74
  • (4)
  • (7)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 54
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (125ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784772602433

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  言ってみれば、ドイツ版総合的な学習。

     校長先生自ら、環境教育、キャリア教育に取り組んでいく様子が、小学生にも分かるくらい、やさしく紹介されている。

     素晴らしいのは、それらの学習が、子どもの世界で終わってしまっていないこと。保護者や地域を巻き込んで、町全体に広がっているのが驚きである。

     ちょっと遠いけど、この町に行ってみたいなあ。

  • 貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
    http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784772602433

  • ちょっとしたアイデアと、それを自分達で実行してみることで、世界が変わるんだということを教えてくれる本。
    ドイツの小さな町の「ちょっと変わった」小学校の取り組みのお話。

  • これの本を読んだことがきっかけで、庭にコンポストを作ってミミズさんに生ごみを分解してもらっています。
    ミミズさんはどんどん増えていって近所の小学校にも分けてあげました。
    ミミズさんは、本当にすごいので、皆さんぜひよんでみてくださいね。

  • 以前から読んでおこうと思った本。大人と子供の本気、教育の大切さを考えさせられた。

  • ドイツのある小学校では、ゴミ箱が1つしかない。それは、学校全体でゴミを出さないようにしているから。そのキーとなっているのが、ミミズです。自然の循環を考えながら、それを日常に活かしていく実践。とある中学校入試の問題にもなっていたそうです。

  • 『森の幼稚園』を読んで著者の今泉みね子さんに興味を持ち、この本を手に取りました。
    この本は著者が子ども向けに書いたはじめての環境教育の本で、子どもたちの体験や学びを通して、生物多様性などについてやさしく書かれています。
    大人が読んでも目から鱗が落ちるようなアイデアや、勉強になることばかりです。登場するみみずのカーロが色々なことを教えてくれます。
    子どもたちにも読んでもらいたいなと感じたので、学級文庫にしたいと思います。小学校3年生以上の教室におけると思います。

  • エコ嫌いの私にまでゴミを減らそうと思わせる本。こういう小学校に通いたかったし、こういう町に住みたかったなーと思いました。

全8件中 1 - 8件を表示

今泉みね子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ニッキ ジョヴァ...
ユリー・シュルヴ...
ヨシタケシンスケ
ポール・フライシ...
モーリス・センダ...
R・J・パラシオ
有効な右矢印 無効な右矢印

みみずのカーロ―シェーファー先生の自然の学校に関連するまとめ

ツイートする