子どもが必ず本好きになる16の方法・実践アニマシオン

著者 :
  • 合同出版
4.14
  • (2)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 31
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (127ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784772603485

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 日本のアニマシオンの本。日本の本を使っての実践が載っていて、イラストもありわかりやすい、コピーして使える資料付。本当にアニマシオンをやろうと思ったら使える資料。

  • 参考になったポイントを抜粋します。

    (1) 集中して本を聴く子どもを育てる法

    一度読み聞かせをした後、面白かった点、好きな点、嫌いな点を話合います。

    そして、もう一度読む時に、
    「間違ったところがあったら、本当は◎◎だよ、って教えてね」
    と伝えて、何カ所かわざと読み間違えてみる、という方法です。

    あまり突拍子もない間違え方をするのではなくて、意味の似ている語や意味が反対の語に置き換えるのがコツだそうです。

    これによって、「集中して聴く力」がついてくるとのこと。
    毎日は大変ですが、週末など、ときどきやってみると面白い遊びですよね!


    (2) 集中して本を聴き、質問に論理的に答える子どもを育てる法

    読み聞かせをしたら、まず面白かった点、好き嫌いなどを語り合います。

    その後、「5W1H+何のために」に沿って本の内容を質問していきます。
    ただし、答えが必ず本の中に書かれていることでなければならないそうです。

    「どんな季節だった?」
    「どんな色の服を着ていたかな?」
    という具合。

    本の中の主人公の気持ちを問うような、本に具体的に書かれていないことは問いに向かないんだそうです。

    「このとき、○○はどんな気分だったか分かる?」みたいな質問はNGとのこと。

    日本人は質問に答えるというコミュニケーションが苦手と言われています。
    この方法により、知らず知らずに質問に答える力が養われるのだそうです。

    さっそく実践してみます。

  • 図書館で実践するのは、なかなか難しいアニマシオンですが、私も何度か、お話し会で実施したことがあります。
    初めてアニマシオンをしてみようという方にオススメです!

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

日本ブッククラブ協会理事長。1971年、早稲田大学教育学部国語国文学科卒業後、東京都立新宿高等学校国語科教諭。1986年、文化庁文化部国語課国語調査官に就任。文部省国立教育研究所教科教育研究部主任研究官、文部科学省国立教育政策研究所教育課程研究センター基礎研究部総括研究官等を経て、2012年、退官。同省在籍時に、OECDによる国際的な学力調査PISAの調査結果を分析、国際的に通用する国語力を育てる指導法を提案し、普及させた。同時に、国際基督教大学語学科非常勤講師、東京大学教育学部非常勤講師も務めた。さらに、アメリカで開発された読書による国語の指導法「ブッククラブ」を初めて現地調査し、改良して普及させた。退官後、NPO法人日本ブッククラブ協会を設立。

子どもが必ず本好きになる16の方法・実践アニマシオンのその他の作品

有元秀文の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ティエリー・ロブ...
ウィリアム・カム...
夏川 草介
辻村 深月
かがくい ひろし
小路 幸也
辻村 深月
tupera t...
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする