デンマークという国 自然エネルギー先進国―「風のがっこう」からのレポート

  • 合同出版 (2006年2月1日発売)
3.50
  • (1)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :18
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (231ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784772603614

デンマークという国 自然エネルギー先進国―「風のがっこう」からのレポートの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • エネルギー自給率が1972年時点では2%だったデンマーク。
    それが2004年には155%となる。
    様々な工夫の中でも、バイオガスと風力発電がポイントらしい。

    デンマークの風力発電に対する政策は、地元還元であり投資家を寄せ付けないものだという。

    エネルギー問題をテーマにしながら、国民と国家の乖離を指摘しつつ、個人の意識にまで迫る。

  • 国民の自主性や教育制度の重要性を伝える, 2004/7/30


    デンマークの環境教育施設「風のがっこう」の主催者ステファンスズキさんの本。デンマークは環境行政・新エネルギーの先進国であり、同時に福祉先進国と言われていますが、その理由について語られています。大きな要素は国民の自主性と教育制度にあると感じました。国民の意識が日本とかなり違うという印象です。
    今後の日本のあり方を考える上でも参考になる本だと思います

  • 分類=デンマーク。06年2月増補版(03年6月初出)。

  • デンマークの政治のあり方、特にエネルギー政策について解説し、日本に対しての提言を行っている本。デンマーク国民の政治に対する意識の高さと信頼には感服します。

全4件中 1 - 4件を表示

デンマークという国 自然エネルギー先進国―「風のがっこう」からのレポートのその他の作品

ケンジステファンスズキの作品

デンマークという国 自然エネルギー先進国―「風のがっこう」からのレポートはこんな本です

ツイートする