地域ブランドを引き出す力―トータルマネジメントが田舎を変える!―

著者 :
  • 合同出版
3.92
  • (3)
  • (5)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 68
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784772604482

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 自然からの恵みを大切にする活動、後生に伝える活動がヒトを元気にする。
    少し視点を変えることで、これだけ魅力的な活動ができるのかととても参考になった。栄養のある食事が人を元気にする。ひとを元気にするには食を見直す、その活動が世の中を変え、環境を変える。食に対する自分の認識を改めて考えさせられる一冊で、ぜひオススメします。

  • 展示期間終了後の配架場所は、開架図書(3階) 請求記号 601.1//Ka45

  • 地域ブランドを引き出した実例を紹介している。
    問題はこうした実例を参考に、どう自分たちのオリジナリティを作り出していくかということだ。

    個人的には「物語を売る」=story teller 
    みたいなのが必要かと思うのだが。

  • 食や食材を通じて地域振興をしている例、多数。食は確かにエネルギーのもと。地域の元気のものにもなる。

  • 街づくりにかかわる人、全員に読んで参考にしてほしいと思いました。

    具体的な例がふんだんに掲載。
    地元を調査することから始まる地域づくり。
    食というキーワード。
    六次産業化のノウハウ。
    海外との比較も興味深い。
    女性の地位向上についても、さらりとふれられている。

    フェアトレードとも大いにリンクする。
    イタリアのスローフード大学に行ってみたい。

  • なにげに手にとりましたが、結構面白かったです。
    スローフードかあ。30年前からあるんですね。
    6次産業のことも知れたし、町おこしの広がりも知れて良かったです。
    大村のシュシュさんも載っているとは!有名なんですねー。

  • 主に農と食に焦点を当て、
    各地方での取組み内容とその背景を
    細かくまとめている本。


    第1章 輝く女性は地域再生の星
    第2章 農のメッセージを明確に届ける
    第3章 地域の財産を活かして未来をつくる
    第4章 商品にオリジナルストーリーを付与する
    第5章 町づくりをプロモーションする
    第6章 地産外商で元気になる町
    第7章 イギリスに見る農のデザイン力
    第8章 フライブルグのオーガニックライフ

  • 興味深いタイトルだったので、手に取ってみた。
    全国、ヨーロッパの成功事例の紹介を通じて、地域の食材を活用し、食を提供することによって活力が生まれ、これに経済性を加えて持続させていく「仕組みづくり」が大切であることを解いている。
    やはり人を元気にできるのは「食」かなぁ?と、今更ながら再認識。
    確かに・・・BSE、農薬等、食品に係る問題が次から次へと出でくる中、安心して口に入れることのできる食を提供すること。つまり「顔の見える関係」こそが今求められていること。
    読了後、まえがきの「食の質を考えることは人生を考えることなのである。」という言葉に大きく頷いていた。
    自分の食生活も見直し必須ですな(-。-;

  • 衰退していく農業や、林業、漁業の活路が見いだせる本だった。
    今後の地方都市での仕事をやっていくにあたりこのような知識を持っていれば説得力のある提案ができると思う。

  • 特に「農」中心で、地域ブランド構築がうまくいっている事例の紹介とともに、グリーンツーリズムの先進である、ドイツやイギリスの流れを
    日本に生かした事例も紹介。

    「いろどり」や「アル・ケッチャーノ」等、既知のものもあったが、全国幅広い事例があった。

    おおよそですが、うまくいっている例は、各種サービス(「道の駅」「研究会」など)が、外向きだけだはなく、まずは地元に根付いて(地元の人も普通に利用)、それにより「ブランド」が構築されて、結果的に確立しているのかなと感じた。

    「地域ブランド」関連で、地元の人の恩恵の少なさに何となしに疑問を感じていたので、参考になった。

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

食総合プロデユーサー。食環境ジャーナリスト
「食からの地域再生」「食育と味覚ワークショップ」「地域デザイン」をテーマに全国の地域活動のコーディネート、アドバイス事業、執筆活動などを行なう。
また各行政機関と連携した食からの地域創り、特産品のプロモーション、食育事業のアドバイザーとして活動。
[役職]
総務省地域力創造アドバイザー/内閣官房地域活性化応援隊地域活性化伝道師/小笠原諸島振興開発審議会委員(国土交通省)/学校給食等地場食材利用拡大委員会委員(農林水産省)/特定非営利活動法人発酵文化推進機構特任研究員/新潟経営大学特命教授/明治大学農学部食料環境政策学科兼任講師/フェリス女学院大学国際交流学部非常勤講師/ライターズネットワーク相談役/日本ペンクラブ会員
[著書]
『ゆらしぃ島のスローライフ』(学研)、『創造的な食育ワークショップ』(岩波書店)、『田舎力 ヒト・夢・カネが集まる5つの法則』(NHK出版 生活人新書)、『里山産業論 「食の戦略」が六次産業を超える』(角川新書)、『タカラは足元にあり! 地方経済活性化戦略』(合同出版)など多数。

「2017年 『田舎の力が 未来をつくる!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

金丸弘美の作品

地域ブランドを引き出す力―トータルマネジメントが田舎を変える!―を本棚に登録しているひと

ツイートする