ぼくが遺骨を掘る人「ガマフヤー」になったわけ。―サトウキビの島は戦場だった

著者 :
  • 合同出版
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (171ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784772610636

作品紹介・あらすじ

遺骨は沖縄戦の証言者-。ガマの奥でうずくまる少年、正座して自決した住民、たこつぼ壕にくずおれた兵士…。30年間、沖縄戦の遺骨と戦争遺物を収集・記録してきた著者が語る沖熱戦の真実。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2017年8月5日に紹介されました!

  • 「沖縄タイムス出版文化賞児童部門賞」を受賞されたそうです。。。

    沖縄タイムス出版文化賞を2社が受賞 2013年2月18日 (月)日本出版者協議会
    http://shuppankyo.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/2-1836.html

    合同出版のPR
    「ガマの奥でうずくまる少年、正座して自決した住民、たこつぼ壕にくずおれた兵士……。
    30年間、沖縄戦の遺骨と戦争遺物を収集・記録してきた著者が語る沖縄戦の真実。」

  • 【新刊情報】ぼくが遺骨を掘る人「ガマフヤー」になったわけ。 219.9/グ http://tinyurl.com/9shkb7p 正座して自決した住民、たこつぼ壕にくずおれた兵士…。30年間、遺骨と戦争遺物を収集・記録してきた著者が、沖縄戦の真実を語る。遺骨の写真あり。 #安城

全3件中 1 - 3件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする