はやく、家にかえりたい。―福島の子どもたちが思ういのち・かぞく・みらい

制作 : ふくしま子ども未来プロジェクト 
  • 合同出版 (2012年6月1日発売)
4.50
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 7
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp (127ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784772610803

作品紹介・あらすじ

「早く放射能がなくなったらいいな」福島の子どもたちは原発事故をどう受け止めているのか。家族や友だちと離れ離れのくらし、放射能への不安、終わりの見えない避難生活。警戒区域に暮らしていた子どもたちが、あの時、今日、未来を綴ってくれました。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 福島の子どもたちと母親が書いた作文集。津波や地震という目に見える被害でなく、放射線という目に見えにくい被害に悩む人たちの声。大熊町は、原発に寄って暮らしを立てていた人たちもいて、原発反対とは言えない声も感じた。

全1件中 1 - 1件を表示

はやく、家にかえりたい。―福島の子どもたちが思ういのち・かぞく・みらいを本棚に登録しているひと

ツイートする
×