性別に違和感がある子どもたち (子どものこころの発達を知るシリーズ 7)

著者 :
制作 : 康 純 
  • 合同出版
3.75
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 22
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (112ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784772611503

作品紹介・あらすじ

子どもが自分本来のジェンダー・アイデンティティを選択し、適応していこうとする過程を歩むとき、さまざまな困難に悩まされます。
 性別に違和感をもつ子どもたちと接していると、学校や社会の枠組みのなかでとても傷つき、不安に押しつぶされそうになりながら生活していることに気づかされます。問題は子どもにあるのではなく、社会の受け入れ方にあるのです。
 性同一性障害という疾患があるから対応するのではありません。子どもが自分らしいジェンダー・アイデンティティを確立する課程で性別違和を表現したときに、周囲にいる大人たちがその気持ちを受け入れ、支え、安心して自己を表現できるような生活環境を保障することが重要です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
全4件中 1 - 4件を表示

プロフィール

大阪医科大学総合医学講座神経精神医学教室准教授。1990年大阪医科大学を卒業後、同大学神経精神医学教室に入局。同教室助手、講師を経て現職。性同一性障害診療の専門家として豊富な臨床経験をもち、性同一性障害の診療ガイドライン作成などにも携わっている。

ツイートする